西尾維新『鬼物語』が初週12万部を突破

9月30日に発売された西尾維新 作「鬼物語」が初週で約12万2000部を売り上げ、6日発表されたオリコン本ランキング(10日付)で、BOOK(総合)部門の首位を獲得した。


「物語」シリーズは、一見平凡な高校生の阿良々木暦(あららぎ・こよみ)と、怪異にかかわってしまった少女たちの話が展開する人気作。第11作の「鬼物語」は、第3作の「傷物語」でもクローズアップされ、暦の存在にも大きくかかわっている少女・忍野忍(おしの・しのぶ)を主人公にしたストーリーが描かれている。

シリーズは12月発売の「恋物語」で完結する予定。また12年には「傷物語」が劇場版アニメとして公開予定で、第4、5作の「偽物語」が12年1月からテレビアニメとして放送される。

毎日新聞デジタルより)

[関連サイト] 講談社BOX

[商品データ]