『最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になる』のコミカライズが決定

2018年10月15日に第2巻が発売されたGAノベル刊『最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になる』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、勇者と共に魔王の討伐に成功したものの、ひざに矢を受けてしまった魔導士が素性を隠して静養スローライフを目指す物語を描く。コミカライズの作画はアヤノマサキ氏が担当することも決定しており、連載はマンガアプリ「マンガUP!」にて行われる。

【あらすじ】

最強の魔導士アルフレッドは、勇者とともに、ついに魔王を討伐することに成功した。――だが、その際に、ひざに矢を受けてしまった。これでは、もう満足に戦えない。隠居してどこかでゆっくりしたいと考えたアルフレッドだったが、魔王を討伐した英雄の一人を、周囲の誰もが放っておいてくれない。そこで彼は、誰も自分を知らない片田舎へ行って、こっそり静養しようと決意する。『ムルグ村の衛兵募集。狼と猪が出て困っています。※村には温泉があります』 そんな告知を見て、素性を隠すと、早速喜び勇んでムルグ村へと向かうアルフレッド。だが、村で出会った魔狼の王フェムや、魔王軍の五人目の四天王ヴィヴィなどのにぎやかな面々は、アルフレッドにそう簡単に平穏な日常を過ごすことを許してはくれなかった。さらには、行き先を隠していたはずなのに、彼を慕っていた勇者の少女クルスや、美しい戦士のルカなども、アルフレッドのところにやってきて――!? Sランク最強の魔導士の、田舎ですごすのんびり無双(?)のスローライフ、開幕!!

コミカライズの連載開始時期などの詳細は今後の続報を楽しみに待ちたい。コミカライズも決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になる』は、GAノベルより第2巻まで発売中。

©えぞぎんぎつね/SBクリエイティブ イラスト:TEDDY

[関連サイト]

GAノベル公式サイト