『無職転生~異世界行ったら本気だす~』がシリーズ累計220万部を突破 コミックス第9巻にリゼロとのコラボ小説を収録

現在、第19巻まで発売されているMFブックス刊『無職転生~異世界行ったら本気だす~』がシリーズ累計220万部を突破した。本作は34歳無職の主人公が異世界で生まれ変わり、新たな世界で「今度は本気で生きる」と決めて成長していく人生やり直しストーリーを描く。本日、2018年10月23日に「コミックフラッパー」にて連載中のコミックス第9巻が発売。コミックス最新刊ではMF文庫J刊『Re:ゼロから始める異世界生活』との夢のコラボが実現しており、『無職転生』の原作者・理不尽な孫の手氏と『リゼロ』の原作者・長月達平氏、そして『無職転生』のコミカライズ担当・フジカワユカ氏による完全書き下ろしとなるコラボ小説+マンガが収録。原作小説ファンからもコラボ小説に熱い視線が注がれることは間違いない。

【コミックス第9巻あらすじ】

異世界に転生し、人生やり直しのチャンスを得た元34歳ニートのルーデウス。異世界でできた妹の救出に乗り出すのだが!? 『無職転生』理不尽な孫の手×『Re:ゼロから始める異世界生活』長月達平×フジカワユカによる書き下ろしおまけ編も収録!

『Re:ゼロから始める異世界生活』とのコラボでは、『無職転生』の原作者・理不尽な孫の手氏と、『リゼロ』の原作者・長月達平氏による書き下ろしコラボ小説が掲載。挿絵を『無職転生』のコミカライズ担当・フジカワユカ氏が手がけるなど、コミックス第9巻でしか読むことができないスペシャルコラボとなっている。リレー形式で描かれるコラボ小説は、スバルがルーデウスの世界にやってきてしまうところから始まる。ふたりの邂逅がどういった展開へと繋がるのか、何が起こるのかは、コミックス第9巻で確認してもらいたい。コラボ小説は、前編がコミックス第9巻、後編が2019年春頃発売予定のコミックス第10巻に掲載予定となっている。

※リレー形式でルーデウスとスバルの出会いなどが描かれる。イラストはフジカワユカ氏が担当。

※カバーの下には、フジカワユカ氏描き下ろしのコラボマンガも収録


【書店特典】

描き下ろし複製ミニ色紙(アニメイト)

描き下ろしイラストカード(とらのあな)

イラストカード(ゲーマーズ)

イラストカード(メロンブックス)

ポストカード(ワンダーグー)

[関連サイト]

MFブックス公式サイト

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 9

フジカワユカ(著), 理不尽な孫の手(原作)

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 19

理不尽な孫の手(著), シロタカ(イラスト)