「Project ANIMA」第二弾「異世界・ファンタジー部門」結果発表 『魔法使いになれなかった女の子の話。』が大賞&アニメ化決定

株式会社ディー・エヌ・エー×株式会社創通×株式会社文化放送×株式会社毎日放送の四社が共同でオリジナルアニメ作品を創出する「Project ANIMA」より、第二弾「異世界・ファンタジー部門」の最終結果が発表された。選考の結果、大賞作品として赤坂優月氏の『魔法使いになれなかった女の子の話。』が選出。「大賞」受賞作はJ.C.STAFFの制作でアニメ化されることになる。

<大賞>

魔法使いになれなかった女の子の話。』/赤坂優月

<金賞>

『タロット・ゲーム』/幻想ごはん【小説・脚本選考】

『VOID』/品川一【マンガ選考】

『かぶきものがゆく』/篠田恵【企画書選考】

<銀賞>

『天狗、ロシアを翔ける』/武田ゆい【小説・脚本選考】

『塗壁NURIKABE』/三月もも【マンガ選考】

『西池袋占館ヴァンピール』/杜的錬侍【企画書選考】

⇒ 結果はこちら

結果発表ページでは総評や選評のほか、入選作品のあらすじ、松倉友二氏(J.C.STAFF チーフプロデューサー)による選評も公開されている。「Project ANIMA」は、2020年代のアニメファンに捧ぐ新しい作品を創出するための取り組みで、広く一般からアニメの原作となる作品を募集するというもの。第一弾「SF・ロボットアニメ部門」、第二弾「異世界・ファンタジー部門」、第三弾「キッズ・ゲームアニメ部門」の三部門が設けられた。作品の審査は「Project ANIMA」プロジェクトチーム四社と各部門の映像化を手掛ける制作会社とが合同で行い、大賞作品がTVアニメ化されるほか、入賞作品についても書籍化・コミック化・ゲーム化などが検討される。

[関連サイト]

「Project ANIMA」公式サイト