MFブックス2018年10月刊行のラインナップをご紹介。『田舎のホームセンター男の自由な異世界生活4』など5冊

2018年10月25日に発売されたMFブックス10月刊行のラインナップ5冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。

田舎のホームセンター男の自由な異世界生活4

©うさぴょん/KADOKAWA  MFブックス刊 イラスト:市丸きすけ

神になっても、のんびり気ままに異世界DIYライフを楽しむだけ!

【あらすじ】

田舎のホームセンターでほぼ年中無休で働いていたマサルはある日、異世界に飛ばされた。神様たちのやんごとなき事情で異世界転移させられた、ただのおっさんのマサル。彼はそのお詫びに、女神ビクティニアスから数多くの生産スキルや物理チート能力を授けられる。その授かったスキルや能力もはじめは微妙なレベルだったのだが、自重するということを知らないマサルはどんどんレベルを上げていく。また、現代のDIY知識も活用してイノベーションを起こし続けるマサルは、異世界の人々にとっては救世主となった。そんな彼は邪神との戦いで窮地に陥るが、ビクティニアスたちを守るために神となる。ところが、神になっても住民たちと造船作業に勤しむなど、マサルのDIYは止まらない!「……やりたいことをやりたいように、とことんやるのが一番楽しいよね~♪」 女神様とのんびり異世界ライフを満喫する、大好評の新世代モノづくりファンタジー!

完全回避ヒーラーの軌跡2

©ぷにちゃん/KADOKAWA MFブックス刊 イラスト:匈歌ハトリ

無敵の回避ヒーラー、いよいよ魔大陸へ!

【あらすじ】

異世界に召喚された平凡な大学生・桜井広希。魔王討伐の勇者パーティとしてプリーストの適性があったヒロキだが、敵の攻撃を受けないことこそ回復役(ヒーラー)の理想形と考え、ステータスポイントを全て回避に振ってしまう。しかしそれは、この世界では非常識とされる行為で、王からは無能扱いされ、城を追い出されてしまった。それでも敵の攻撃を避ける『回避ヒーラー』となり、冒険者として活躍していくヒロキだが、一緒に召喚された仲間が受けた呪いを解呪するため、魔大陸に足を踏み入れる。「くそっ、俺はプリーストなのに痛みを取り除くこともできないのかっ!?」 刻一刻と迫る呪いのタイムリミット。さらにヒロキを狙う刺客も現れて……。異色の『回避ヒーラー』が繰り広げる冒険譚、波乱の第二弾が開幕!

天候魔法の正しい使い方2 ~雨男は野菜を作りたい~

©くろかた/KADOKAWA  MFブックス刊 イラスト:ファルまろ

雨男の農業ライフ、まだまだ拡大中!

【あらすじ】

幻の野菜『アメヤサイ』のひとつ、アメキャベツの収穫を終えた“雨男”のハルマ。そんなハルマのもとに、王国から調査団が派遣されてくる。彼らは、稀有な天候魔法を操るハルマと彼が育てるアメヤサイ、そして希少な動物であるアメオオカミのフウロを調査するためにやってきたのだった。だが、王国から派遣されたのは調査団だけではなかった。ハルマとアメヤサイを守るため、王国最強と名高い部隊から護衛の女騎士・ミリアも村へとやってきたのだ。しかし、ミリアはどうもハルマにいい印象を持っていない様子。複雑な思いを抱えながら護衛の任にあたるミリアに対し、領主の娘で畑仕事仲間のノアはある提案をすることに。果たして、ハルマに対するミリアの印象は変わるのか――!? 異世界農業スローライフコメディ、波乱と感動の第2巻!!

魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~

©甘岸久弥/KADOKAWA  MFブックス刊 イラスト:景

魔法のあふれる異世界で、自由気ままなものづくりスタート!

【あらすじ】

「もう、うつむくのはやめよう」 転生者である魔導具師のダリヤ・ロセッティは、決められた結婚相手からの手酷い婚約破棄をきっかけに、自分の好きなように生きていこうと決意する。行きたいところに行き、食べたいものを食べ、何より大好きな“魔導具”を作りたいように作っていたら、なぜだか周囲が楽しいことで満たされていく。「これも、君が作ったの!?」「この際だから商会、立ち上げない?」 ダリヤの作った便利な魔導具が異世界の人々を幸せにしていくにつれ、作れるものも作りたいものも、どんどん増えていって――。魔導具師ダリヤの、自由気ままなものづくりストーリーが今日ここからはじまる!

異世界ぬいぐるみ無双 ~俺のスキルが『人形使い』~

©鬼影スパナ/KADOKAWA  MFブックス刊 イラスト:てつぶた

アラフォー冒険者ルーカスはハズレスキルで成り上がる!

【あらすじ】

「そうか、異世界転生か」 冒険者ルーカスは死にかけた際に前世ではしがないサラリーマンだったことを思い出す。しかし思い出したときには既に、前世と同じくアラフォーのオッサンになっていた。記憶と共に『スキル』にも覚醒したルーカスだったが、そのスキルはなんと『人形使い』──子供をあやすぐらいしか使い道がないようなハズレスキルだった。「俺に冒険者やめて大道芸人になれってか!?」 落ちこむルーカスだったが、とあるきっかけでその隠れた活用法に気づき──。ぬいぐるみで異世界を無双する!? ユニークスキルで成り上がる!……のか?

紹介ラインナップは発売中です。

[関連サイト]

MFブックス公式サイト