『最強勇者はお払い箱→魔王になったらずっと俺の無双ターン』のコミカライズ連載が開始

現在、第2巻まで発売されているKラノベブックス刊『最強勇者はお払い箱→魔王になったらずっと俺の無双ターン』のコミカライズ連載が、マンガアプリ「マンガUP!」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、ブサイクと忌み嫌われながらも勇者として魔王を倒した主人公が、ブサイクゆえにその功績を横取りされて始まる人類への反逆ファンタジーを描く。コミカライズの作画はまさゆみ氏が担当しており、第1話「勇者はお払い箱になる(前編)-1」が公開された。先読みでは第1話の続きを読むことができる。人間不信に陥った一人の男が、魔族の優しさに触れて始まる最強ファンタジーがコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

至高の恩恵(ギフト)を授かり、勇者となった男ガリウス。彼は魔王を倒し、人の世に平穏をもたらした最大の貢献者――のはずだった。しかし彼は手柄を王子に横取りされ、お払い箱となる。すっかり人間不信に陥ったガリウスは、ひょんなことからワーキャットを助け、敵対していたはずの”魔族”たちの楽園『最果ての森』を目指すことになった。”人”の業を背負う最強の勇者はしかし、心優しき”魔族”たちに受け入れられ――彼らのために、自身の居場所のために、次々に襲い来る敵を殲滅する!これは”人”ならざる者たちの、”人”に抗う物語。やがて”魔王”となる男の、悪しき人々を蹂躙する伝説が始まる――。

次回の無料での閲覧更新は2018年11月2日(金)に実施され、第1話は毎日更新が行われる。コミカライズ版を読んで物語の先の展開が気になった読者は、ぜひ原作小説も読んでみよう。『最強勇者はお払い箱→魔王になったらずっと俺の無双ターン』は、Kラノベブックスより第2巻まで発売中。

©澄守彩/講談社 イラスト:jimmy

[関連サイト]

Kラノベブックス公式サイト