『劣等眼の転生魔術師~虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く~』のコミカライズ連載が本日より開始

現在、第1巻が発売されているダッシュエックス文庫刊『劣等眼の転生魔術師~虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く~』のコミカライズ連載が、ニコニコ静画「水曜日はまったりダッシュエックスコミック」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、圧倒的な力を持った天才魔術師が魂を転生させ、文明の発達により魔術師の能力が著しく衰えた未来世界を舞台にした活躍劇を描く。コミカライズの作画は峠比呂氏、コンテを猫箱ようたろ氏が担当しており、第1話が26ページで公開された。未来へと転生して始まる超規格外魔術ファンタジーがコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

生まれ持った眼の色によって能力が決められる世界で、圧倒的な力を持った天才魔術師がいた。男の名前はアベル。強力すぎる能力ゆえ、仲間たちにすらうとまれたアベルは、理想の世界を求めて、遥か未来に魂を転生させる。 しかし、未来の世界では何故かアベルの持つ至高の目が『劣等眼』 と呼ばれ、バカにされるようになっていた! ボンボン貴族に絡まれ、謂れのない差別を受けるアベル。だが、文明の発達により魔術師の能力が著しく衰えた未来の世界では、アベルの持つ『琥珀眼』は人間の理解を超える超規格外の力を秘めていた! 過去からやってきた最強の英雄は、自由気ままに未来の魔術師たちの常識をぶち壊していく!

⇒ コミカライズ版『劣等眼の転生魔術師』はこちら

次回の更新は2018年11月11日(日)が予定されており、第4話までは毎週更新が行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者は、ぜひ原作小説も読んでみよう。『劣等眼の転生魔術師~虐げられた元勇者は未来の世界を余裕で生き抜く~』は、ダッシュエックス文庫より第1巻が発売中。最新2巻も2018年11月22日発売。

©柑橘ゆすら/集英社 イラスト:ミユキルリア

[関連サイト]

ダッシュエックス文庫公式サイト