『タナカの異世界成り上がり』のコミカライズ連載が開始 冴えないおっさんの愉快すぎる勘違い無双ファンタジー

現在、第5巻まで発売されているHJノベルス刊『タナカの異世界成り上がり』のコミカライズ連載が、「WEBコミックガンマぷらす」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、巻き込まれて異世界に召喚されてしまった冴えないおっさんの愉快すぎる勘違い無双ファンタジーを描く。コミカライズの作画は菊野郎氏が担当しており、第1話「奮戦」が24ページで公開された。世界の手違いでとんでもない力を手に入れたおっさんの愉快な生き様を描いた冒険譚がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

ある日、異世界にあるプリン王国の魔術師たちによって勇者として少年・剣崎神威が召喚された。その近くにいただけの冴えないおっさん田中太郎(仮)も、巻き込まれて異世界へと召喚されることになったが、彼は世界の手違いでとんでもなく強化されてしまう。だが、ステータス表示の読み方が分からず自分が弱いと勘違いしてしまった田中は、自らの安全を確保するため、強くなるための旅へと出るのであった――。 WEBで大人気の、おっさん最強異世界ファンタジー堂々登場!

⇒ コミカライズ版『タナカの異世界成り上がり』はこちら

次回の更新は2018年12月5日(水)が予定されており、コミカライズの連載は月イチ更新となりそうだ。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『タナカの異世界成り上がり』は、HJノベルスより第4巻まで発売中。

©ぐり/ホビージャパン イラスト:東西

[関連サイト]

『タナカの異世界成り上がり』特設ページ

HJノベルス公式サイト

タナカの異世界成り上がり5

ぐり(著), 東西(イラスト)

タナカの異世界成り上がり

ぐり(著), 鈴木類(イラスト)