モーニングスターブックス2018年11月刊行のラインナップをご紹介。『ダンジョンの魔王は最弱っ!? 10』『塔の管理をしてみよう10』など4冊

2018年11月17日発売するモーニングスターブックス11月刊行のラインナップ4冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。挿絵の一部もご紹介します。

ダンジョンの魔王は最弱っ!? 10

©日曜/新紀元社 イラスト:nyanya

「最弱には、最弱の戦い方ってもんがあるのさ」

『ダン弱』シリーズ、ついにクライマックス!

【あらすじ】

平和だったはずのソドムの町が襲撃を受けた。キアスは怒りのままに暴走し、深いダメージを受ける。仲間の言葉に癒されながら、キアスは教会勢力に対抗するべく策を練りはじめる。そして、キアスの凶悪な罠が――ついに発動する!?

「そもそも、どうして襲撃者──というか、教会はこのタイミングで攻撃を仕掛けてきたのだ? まおうの話を聞いていた限り、真大陸とはこれまで、ある程度良好な関係を築けていたのだろう?」

ああ、怖い……。キアス様が、まるで他人に向けるような、無機質な笑顔の仮面を被ってしまった。そんな笑顔を向けられるのは、なによりもつらい。いっそ、消えてしまいたくなる……。

塔の管理をしてみよう10

©早秋/新紀元社 イラスト:雨神

異世界シムストーリー、ついに大団円

【あらすじ】

女神たちの力を借りて、異世界アースガルドで新しい人生をスタートさせた考助は、さまざまな出来事を乗り越えるうちに、気が付けば現人神に。セントラル大陸にあるすべての塔を制覇し、自分たちの国ラゼクアマミヤも建国し、幸せな日々を送っていた。考助にベタ惚れな女性陣との間に生まれた子供たちも、すくすくと成長しているのだが、父親譲りの“巻き込まれ体質”のお陰で次々とトラブル勃発!? フィナーレを迎える第10巻。

「それにしても……随分と懐いてない?」 ふたりで話をしている間も、ウォータバイパーはずっとシュレインに巻き付いたままだった。

「皆は、先生のところでお勉強。わたしは、今日はもういいって先生が言っていたから……」「そう。それじゃあ、リレース様のところに行ってコウスケ様が来たって伝えてくれる?」

ファンタジーをほとんど知らない女子高生による異世界転移生活

©コウ/新紀元社 イラスト:shimano

異世界もののテンプレ? なにそれ??

SF大好き理論派女子高生の巻き込まれ異世界ライフ、開幕!

【あらすじ】

気が付くと樹海にいた女子高生の美咲。異形の獣に遭遇しつつ、からくも樹海を脱出したものの、そこに広がっていたのはまったく見知らぬ”異世界”だった――。念じると買ったことがあるものならどこからか呼び出せる不思議な能力と、なぜだか言葉が通じることを頼りに、美咲はたどり着いた町で暮らしはじめるが、どうやらここは魔法が普通に使われている”ファンタジー”な世界のようで!? 第6回ネット小説大賞期間中受賞作。

「ちょっとそこのあなた!」 目と鼻の先である。魔道具屋の目当ては美咲で間違いないだろう。灰色のローブを着てフードを目深に被っているので口元しか見えないが、綺麗な声の女性だった。

「あ、こりゃもう駄目みたいね」 フェルは美咲の手からスープの器を取り、隣の荷箱に置く。そのまま美咲の肩を抱いて自分に寄りかからせる。すでに美咲は眠りに落ちていた。

勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした5

©灯台/新紀元社 イラスト:おちゃう

死王と混浴露天風呂! 創造神と海水浴!?

【あらすじ】

勇者召喚に巻き込まれた快人は、元の世界に帰るまでの1年間を平和な異世界で過ごすことに。特別な存在である魔界の王や神界の女神たちと親しくなっていく快人は、次第に誰からも一目置かれる存在に。そして、魔界へと向かった快人は、巨大な竜王マグナウェルと出会い、アイシスとの再会で楽しい魔界の三日間を過ごすが……。幻王ノーフェイスの正体が――ついに明かされる!?「モーニングスター大賞」大賞受賞作、衝撃度UPのシリーズ第5弾、大幅加筆&改稿でお届け!

ソレはのんびりとした口調だったが、そもそもサイズが常識外のため、天から降ってくるような大音量で、空気がビリビリと震えるのを感じる。

「……で、あの……なんででこんな状況に?」「……背中……洗う……洗いっこ」「……は、はぃ」

紹介ラインナップは2018年11月17日発売です。

[関連サイト]

モーニングスターブックス公式サイト