TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』より四聖勇者を演じる4人のキャストコメントが公開

2019年1月より放送開始となるMFブックス発のTVアニメ『盾の勇者の成り上がり』より、キャストコメントが公開された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、四聖勇者の一人「盾の勇者」として異世界に召喚された主人公が、仲間の裏切りに遭いすべてを失ったことから、不信や疑念、猜疑心を抱いたまま世界の危機に立ち向かう成り上がりファンタジー。コメントは主人公・岩谷尚文役を演じる石川界人さんをはじめとした四聖勇者を演じる4人がコメントを寄せている。

【イントロダクション】

小説投稿サイト「小説家になろう」にてPV数3億を突破し、現在MFブックスで19巻まで刊行されている大人気ノベル『盾の勇者の成り上がり』がついにTVアニメ化! ごく平凡なオタク大学生・岩谷尚文は、図書館で出会った1冊の本に導かれ異世界へと召喚されてしまう。与えられた使命は、剣、槍、弓、盾をまとう四聖勇者の一人「盾の勇者」として、世界に混沌をもたらす災い「波」を振り払うこと。大冒険に胸を膨らませ、仲間とともに旅立った尚文。ところが、出発から数日目にして裏切りに遭い、金も立場もすべて失ってしまう。他人を信じられなくなった尚文は奴隷の少女・ラフタリアを使役し、波に、世界に、立ち向かおうとするが―。果たして、この絶望的状況を打破することはできるのか? すべてを失った男の成り上がりファンタジー、開幕。

【盾の勇者・岩谷尚文役:石川界人さんのコメント】

▼原作もしくは台本を読んだときの印象をお聞かせください。

最初の普通の大学生感に驚いた記憶があります。成り上がりというタイトルだったので、最初から身分が低かったりするのかなと思っていたのですが、異世界に希望を馳せて、前向きに捉えている様を見て、僕も希望を持ちました。しかしそこからの成り上がりということはどんでん返しがあるということで、そのどんでん返しに胸が痛みました。

▼実際に演じてみての感想や演じた時に心がけたこと、監督や音響監督から演じる際のディレクション等がございましたらお聞かせください。

復讐劇になった時に、主人公は別のキャラクターになったようなギャップが欲しいとのディレクションがあったので、それを意識しました。ただ人間の核というものはそう簡単には変わらないということを念頭に、気持ちの対象について考えつつ演じています。

【剣の勇者・天木錬役:松岡禎丞さんのコメント】

▼本作をオファーされた時の作品の第一印象を教えて下さい。

悲惨な目にあう尚文にとても共感しました。苦悩や絶望、叫びを界人くんが演じきっていたので、これはアニメになると面白いぞ!と思いました。

▼実際に演じてみての感想や演じた時に心がけたこと、監督や音響監督から演じる際のディレクション等がございましたらお聞かせください。

尚文の精神状態がすごく共感できるお話だったので、自分自身の憤りが役に乗らない様に気を付けました。ただ、演じる時は問答無用で扱き下ろしましたが…。音響監督さんからはそのままで大丈夫です。と言われましたが必殺技の時は「声を出し過ぎ!!」と言われた事はありました(笑)。

【槍の勇者・北村元康役:高橋信さんのコメント】

▼本作をオファーされた時の作品の第一印象を教えて下さい。

主人公が盾?いきなり冤罪? え、ちょっと待ってくれ何だこの怒涛の展開! そして貴様よくも! やめろぉぉッ! 僕の知っている王道異世界物語ではありませんでした。

▼実際に演じてみての感想や演じた時に心がけたこと、監督や音響監督から演じる際のディレクション等がございましたらお聞かせください。

「おバカで女の子大好きでカッコつけで熱血!」と最初に監督から指示がありました。自分も元康に対して、ほぼほぼ近い印象を受けており、元康にツッコミを入れてしまうくらいでしたので、自分自身より更におバカに吹っ切れてかつ優しさや人情を出し、どうすれば「元康ならこういう事してもおかしくないな(笑)」と皆さんに思わせることが出来るか。そこを自分なりに心がけて演じさせて頂きました。

【弓の勇者・川澄樹役:山谷祥生さんのコメント】

▼原作もしくは台本を読んだときの印象をお聞かせください。

勇者になったのに得るどころか奪われ続ける尚文がこれからどんな人生を歩んでいくのか、そしてどんなどんでん返しを見せてくれるのか楽しみに読んでいました。少しずつレベルアップしていく姿にワクワクもしました。

▼実際に演じてみての感想や演じた時に心がけたこと、監督や音響監督から演じる際のディレクション等がございましたらお聞かせください。

小生意気で何もわかっていないのに知ったかぶりしたり勘違いしたり、終始ポンコツでだけどプライドだけはやたら高い三勇者であり樹くんだったので、いかに尚文を苛立たせられるかを考えてお芝居していました。それが憎ければ憎いほど尚文の逆転劇が清々しいものになると思ったので。

コメントの全文はアニメ公式サイトにて公開されているので、あわせて確認してもらいたい。TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』は2019年1月より放送開始。原作小説もMFブックスより第19巻まで発売中。

©アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

[関連サイト]

TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』公式サイト

TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』公式Twitter

MFブックス公式サイト

盾の勇者の成り上がり 19

アネコユサギ(著), 弥南せいら(イラスト)

盾の勇者の成り上がり 1

アネコユサギ(著), 弥南せいら(イラスト)