オーバーラップ文庫&ノベルス2018年11月刊行のラインナップをご紹介。『絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで9』など4冊

2018年11月25日に発売されるオーバーラップ文庫&ノベルス11月刊行のラインナップ4冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで9

©鬼影スパナ/オーバーラップ イラスト:よう太

ドラゴンだって恋をする!?

【あらすじ】

“働かない生活”を目指してるはずなのに、ダンジョンマスターと村長と教祖を兼任する俺、増田桂馬。オフトン教式の結婚式なんてものを作ってますます賑わうゴレーヌ村に、今度はドラゴンが襲来だと!? とんでもない強敵の予感――「すまねェケーマ! うちのバカ娘が迷惑かけたァ!」 お隣さん(ダンジョン)の娘さん、イグニちゃん(300歳)でした。それは良いんだけど、ドラゴンを退治しようと集まった冒険者で村はどんどん騒がしくなっていき……? これって、ドラゴンいる限り静かにならないやつだ!? 俺流ダンジョンストーリー第9弾! 勇者と共にドラゴンに挑め!!

外れスキル【地図化(マッピング)】を手にした少年は最強パーティーとダンジョンに挑む3

©鴨野うどん/オーバーラップ イラスト:雫綺一生

20階層――再戦(リベンジマッチ)

【あらすじ】

前人未踏の20階層からエリンと脱出を果たしたノートは、『到達する者(アライバーズ)』の日常に復帰していた。極限状態で成長したノートは、ジンから攻撃アーツの修得を提案される。別のダンジョン攻略パーティーである『復讐の戦乙女(ヴァルキリー)』のリースに教えを請うノートだったが、ある弱点が明らかになり……!? ノートは冒険者として、そして『到達する者(アライバーズ)』の一員として生きるための戦い方を迫られる――。20階層へ――再戦(リベンジマッチ)のために。ノートが出す答えは。「やっと見つけた、俺の役割だから」 最強パーティーの少年が、やがて高みに至るファンタジー成長譚、第3幕!

死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱くII

©彩峰舞人/オーバーラップ イラスト:シエラ

最強の少女vs紅の騎士団!!

【あらすじ】

死神から授かった漆黒の剣を手に戦場を駆け、ファーネスト王国の南方戦線へと勝利をもたらした銀髪の少女・オリビア。久方ぶりの勝利に浮かれる王国だったが、間を置かずして舞い込んだのは、北方戦線を維持していた第三軍、第四軍が壊滅したとの報だった。状況を打破すべく、オリビアを有する第七軍は制圧された地域奪還の命を受け、北方戦線へと進軍を開始する。一方、帝国軍の指揮を執るのは、帝国三将が一人にして紅の騎士団を率いるローゼンマリー。濃霧が覆う渓谷で、戦いの火蓋が切られようとしていた――! 王国軍“最強の駒”として、常識知らずの無垢な少女が戦場を駆ける、第二幕!

望まぬ不死の冒険者4

©丘野優/オーバーラップ イラスト:じゃいあん

不死者、天敵(ヴァンパイア・ハンター)に遭遇する。

【あらすじ】

吸血鬼の血液を飲み、下級吸血鬼へと進化した、不死者であり冒険者のレント。オークションにかけられるはずのタラスクは、顧客の一人から、討伐した冒険者と面通しする条件をつけられ、一時的に売買停止となってしまう。金銭の工面を迫られたレントは、弟子であるアリゼの武具素材を自身で取りに行くことに。眷属のエーデルと共に《新月の迷宮》へ向かったレントは、森魔狼、蜥蜴人など多数の魔物を倒し、地亜竜の待つボス部屋に辿り着くが、そこへ伝説クラスの魔物が姿を現して……!? その折、商談の場となるステノ商会を、聖女と金級の吸血鬼狩りが訪れようとしていた。二人は新人冒険者の失踪事件に吸血鬼の影を感じ、都市マルトへやって来たのだった。――とある冒険者が、吸血鬼ではないかとの疑いを持って。強大な魔物と戦い、多くの謎を暴き、そして強くなる。死してもなお遙かなる神銀級を目指す、不死者レントの『冒険』、第4弾――!

紹介ラインナップは2018年11月25日発売です。

[関連サイト]

オーバーラップ文庫&ノベルス公式サイト