GCノベルズ2018年11月刊行のラインナップをご紹介。『賢者の弟子を名乗る賢者10』『元最強の剣士は、異世界魔法に憧れる3』など6冊

2018年11月30日(一部12月7日)に発売するGCノベルズ11月刊行のラインナップ6冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。

賢者の弟子を名乗る賢者10

©りゅうせんひろつぐ/マイクロマガジン社 イラスト:藤ちょこ

召喚獣たちと古代地下都市へ!

【あらすじ】

ソウルハウルの残した痕跡から、彼の次なる目的地であろうダンジョン『古代地下都市』に足を踏み入れたミラ。そこは七つの層でできた、かつて古代人が生活していたとされる廃都である。層ごとにがらりと変わる景観に心躍りながらも、ゲームでの知識と召喚術を駆使し難解なギミックを解いていくミラだったが、思いがけず神話級の大物と遭遇してしまう。その圧倒的な暴威の前にミラの召喚術は通用するのか!?

元最強の剣士は、異世界魔法に憧れる3

©紅月シン/マイクロマガジン社 イラスト:necömi

魔法を求めて――今度は王立学園へ!

【あらすじ】

魔法をもとめて王立学院に入学したソーマ。目的は学院の図書館に収められた膨大な叡智だ。授業もそっちのけで本を読みあさるソーマに、同級生で国王の娘でもあるシルヴィアは複雑な気持ちを抱いていた。アイナをはじめとした共に旅をしたメンバーも加わり、学院生活は騒がしくも楽しげに進んでいく。だが、初めての迷宮探索の実習が行われると、それは次第に不吉な歯車となって回り始めるのだった……

せっかくチートを貰って異世界に転移したんだから、好きなように生きてみたい4

©ムンムン/マイクロマガジン社 イラスト:水龍敬

禁断グルメ、召し上がれ♪

【あらすじ】

神前試合を終えて王都へと戻ってきたタウロはゆっくりするのも束の間、王都に向かってきている重騎馬の群れの討伐部隊として駆り出されてしまう。参加したくないという思いとは裏腹に、商人ギルドの騎士を軽視している騎士団は、タウロに単機による囮誘導を命じるのだった。実質、死刑宣告と同等の命令にタウロは憤慨しつつも出撃していくのだが……。

出遅れテイマーのその日暮らし2

©棚架ユウ/マイクロマガジン社 イラスト:Nardack

可愛いモンス、盛りだくさん!

【あらすじ】

不名誉な称号を得た事でゲーム内で有名になってしまったユートは、周りを気にすることなくゲームを楽しんでいた。 魔獣ギルドで購入した卵から新しい従魔のクママが誕生し、ますます可愛いモンスに取り囲まれたのだが、そんな状況を見た周りのプレイヤー達が彼からなんとかモンスの情報を聞き出せないかと、ひっそりと動きだしていた……。

勇者の代わりに魔王討伐したら手柄を横取りされました2

©赤丈聖/マイクロマガジン社 イラスト:ユウナラ

スローライフのために“勇者の鎧”を売り捌け!

【あらすじ】

コルンの町に定住する意思を固めたアルガ。しかしそこで問題となるのは勇者のものと瓜二つの「聖銀の鎧兜」。知名度と希少性が相まって、片田舎ではうっかり処分もできないこの「お荷物」を換金しなければならないと、アルガはルノやクーと共に、オークションが開催されるというワルドナ王都へ向かうが――「出品物が被るとはのう……これではあまり高値がつかんかもしれんぞ」 そこではもう一つの「聖銀の鎧兜」が出品されていた! オークションを巡ってアルガはさらなる騒動に巻き込まれてしまう!?

<12月7日発売>

村人ですが何か? 5

©白石新/マイクロマガジン社 イラスト:白蘇ふぁみ

規格外の村人による最強農業スタート!!

【あらすじ】

リュートが着々と実力をつけていく中、相変わらず世界は悪意に満ちあふれていた。勇者の父親という特権で成金となり、故郷の村で搾取を続けるコーデリアの父。王都では豪商であるヴェニソン商会が、人道にもとるやり口で猛威を振るっていた。強引な手腕で政治権力の中枢を買収し、非道な商売で人々の不幸を次々に生み出しているのだ。だがまだ彼らは知らない、その傲慢な行いが最強の村人の逆鱗に触れてしまうことを……。

紹介ラインナップは2018年11月30日(一部12月7日)発売です。

[関連サイト]

GCノベルズ公式サイト