2018年12月発売の注目ラノベをPickup! ソードアート・オンライン/緋弾のアリア/妹さえいればいい。などの最新刊が登場

2018年12月に発売する注目のライトノベルをピックアップでお知らせします。アニメ化作品の続刊や限定特装版、ラノベニュースオンラインアワードに選出された注目作の最新刊など目白押しです。

■注目の続刊作品

約1年1ヶ月ぶりの最新刊となる『ソードアート・オンライン』第21巻が電撃文庫より登場します。「電撃文庫MAGAZINE Vol.59」にてプロローグが掲載された新章「ユナイタル・リング」が本格始動となり、SAOの新たな物語に大きな注目が集まることは間違いありません。そして衝撃の展開で続刊が待ち望まれていた『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』第14巻がGA文庫から登場です。前巻が上巻、最新巻が下巻という構成となっており、リューと共に深層へと転落したベルの物語は640ページという超大ボリュームで描かれます。そして2019年1月よりTVアニメも放送開始となり、約1年ぶりの最新刊となる『盾の勇者の成り上がり』第20巻もMFブックスより発売となります。

■ドラマCDやカードゲームも付属する特装版発売作品

ドラマCDが付属する特装版では、『精霊幻想記』第12巻がHJ文庫より発売されます。リオと6人の少女たちが送るラブコメ成分高めな書き下ろしストーリーに注目です。また、ダッシュエックス文庫刊『神域のカンピオーネス』第4巻では、オーディオドラマダウンロードのシリアルコードが付属します。さらにゴブスレ事典(完全版)が付属するGA文庫刊『ゴブリンスレイヤー』第9巻、作中に登場するカードゲーム「妹が多すぎる。」を付属するガガガ文庫刊『妹さえいればいい。』第11巻も、それぞれ限定版が発売となります。

■ラノベニュースオンラインアワード選出作品の続刊

毎月開催のラノベニュースオンラインアワードにて、これまで選出されている人気シリーズも多数発売となります。「総合部門」「熱かった部門」「新作部門」「新作総合部門」の4部門で選出された『冒険家になろう!~スキルボードでダンジョン攻略~』第2巻。本アワードでは常連として注目され続けている『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』第6巻。第1巻が「萌えた部門」で選出された『はじらいサキュバスがドヤ顔かわいい。』第2巻と目白押しです。物語の続きをぜひチェックしましょう。

・『精霊幻想記』第12巻(HJ文庫)

・『ラストエンブリオ』第6巻(スニーカー文庫)

・『終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?』第7巻(スニーカー文庫)

・『ソードアート・オンライン』第21巻(電撃文庫)

・『はじらいサキュバスがドヤ顔かわいい。』第2巻(電撃文庫)

・『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』第14巻(GA文庫)

・『ゴブリンスレイヤー』第9巻(GA文庫)

・『妹さえいればいい。』第11巻(ガガガ文庫)

・『編集長殺し』第4巻(ガガガ文庫)

・『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』第6巻(ファンタジア文庫)

・『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』第7巻(ファンタジア文庫)

・『教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?』第3巻(MF文庫J)

・『Re:ゼロから始める異世界生活』第18巻(MF文庫J)

・『大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ?』第6巻(MF文庫J)

・『神アプリ曰く、私たち相思相愛らしいですよ?』第2巻(MF文庫J)

・『冒険家になろう!~スキルボードでダンジョン攻略~』第2巻(Mノベルス)

■タイトルで気になった新作

パッとみた瞬間、タイトルからにじみ出るパワーに思わず目が動いた新作をピックアップ! チートを過去にする超科学が気になるレジェンドノベルス刊『すべてのチートを過去にする異世界超科学』。ブラック会社のタブレットであるからこそ大きな意味がありそうなツギクルブックス刊『ブラック会社のタブレットを持った私が異世界に転移したら』などが登場します。いずれの作品も今月に発売されます(されています)ので、気になった方はぜひ手に取ってみましょう。

ほかにも気になる作品は今月も続々と発売されます。毎週月曜日に配信される「今週の新刊」記事も忘れずにチェックしてくださいね。