BOOK☆WALKER大賞2018の投票受付が開始 ライトノベルからは『オーバーロード』や『りゅうおうのおしごと!』などがノミネート

電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」は販売実績とユーザーの投票などで決まる『BOOK☆WALKER大賞2018』のノミネート作品の発表、および投票受付をスタートした。BOOK☆WALKER大賞とは、2018年に配信された作品の中から、BOOK☆WALKERの各ジャンル売上の上位ヒット作品をノミネート作品として選出し、読者投票を行った上で支持を集めた作品に大賞などの各賞を贈るというもの。また、2018年は例年の各賞だけでなく、新たに『懐かしの完結シリーズ』部門を設けている。ライトノベル作品も多数ノミネートされており、本年の選出も期待される。

【投票期間】

2018年12月3日(月)~2019年1月14日(月)

【ノミネート作品(ライトノベル)】

『異世界はスマートフォンとともに。』/『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』/『オーバーロード』/『蜘蛛ですが、なにか?』/『ゲーマーズ!』/『ゴブリンスレイヤー』/『戦闘員、派遣します!』/『ソードアート・オンライン プログレッシブ』/『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』/『転生したらスライムだった件』/『ノーゲーム・ノーライフ』/『八男って、それはないでしょう!』/『魔法科高校の劣等生』/『無職転生』/『ようこそ実力至上主義の教室へ』/『りゅうおうのおしごと!』/『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』※コミック・文芸としてノミネートされている作品は含まれていません

↓投票はこちら↓

『BOOK☆WALKER大賞2018』の発表は2019年2月が予定されている。電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」で今年最も注目を集めた作品に注目だ。

[関連サイト]

電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」