『29とJK』のドラマCD化が決定 第6巻ドラマCD付限定特装版として2019年5月に発売へ

GA文庫刊『29とJK』のドラマCD化が決定した。本作は『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』などを手掛ける裕時悠示氏が2016年からスタートさせているシリーズで、29歳社畜の主人公と女子高生との業務命令から始まる“禁断”の年の差ラブコメを描く。ドラマCDは裕時悠示氏の書き下ろし脚本となり、「真夏のJK祭り」と題して業務命令で交際中のJK・南里花恋とその親友・真織、そして妹の雛菜とプールに行く、というストーリー。2019年5月に発売を予定している第6巻の限定特装版に付属する。

【第1巻あらすじ】

目つきは怖いが会社では一目置かれている29歳社畜・槍羽鋭二。ゲームや漫画が好きで、休日のネカフェを癒やしに日々を生き抜いている。 ある日、槍羽は《あること》で説教した女子高生・南里花恋からコクられてしまう。14も年下とは付き合えないとキッパリ振るが、後日社長から呼び出され――「業務命令。孫の花恋との交際を命ずる」。 なんなんだこの会社!? 絶対に辞めてやる!(入社以来17回目) だが始まってしまうJKとの交際。妹が、元カノが、会社の部下が、世間の目が槍羽の前に立ちはだかる! 29歳とJK、〝禁断の〟年の差ラブコメ、はじまる!

【キャスト】

槍羽鋭二: 前野智昭

南里花恋: 岡咲美保

夏川真織: 鈴代紗弓

渡良瀬綾: 茅野愛衣

槍羽雛菜: 春村奈々

岬沙樹: 嶺内ともみ

本作は2017年よりコミカライズの連載も行われており、小説とコミックの双方で注目を集めている。ドラマCD化が決定したこの機会に、ぜひ原作小説を読んでみよう。『29とJK』は、GA文庫より第5巻まで発売中。

©裕時悠示/SBクリエイティブ イラスト:Yan-Yam

[関連サイト]

『29とJK』特設ページ

GA文庫公式サイト