第14回MF文庫Jライトノベル新人賞受賞作特設サイトがオープン 12月25日に「最優秀賞」を含む4作品が同時刊行

第14回MF文庫Jライトノベル新人賞受賞作の特設サイトがオープンした。第14回では過去最大級となる応募総数2,049作品の中から4作品が受賞。「最優秀賞」受賞作品を含む全受賞作が2018年12月25日に一挙発売する。特設サイトでは各受賞作品の紹介ページが公開されているほか、「最優秀賞」受賞作『人形剣士<ドールブレイブ>は絶ち切れない』のPVも公開された。

『人形剣士〈ドールブレイブ〉は絶ち切れない』発売記念PV

【最優秀賞】

人形剣士〈ドールブレイブ〉は絶ち切れない

©林星悟/KADOKAWA MF文庫J刊 イラスト:ニリツ

【あらすじ】

人形剣士ブレイスにはある疑いが掛けられている。奴は人形のリネットと共に魔獣を狩る独自の戦闘スタイルで名を馳せている……が、実はリネットが人間なのではないか、という疑いだ。本物の少女を操って戦っているのなら、それは攻撃魔法とされ重大な犯罪行為に値する。奴の悪行の証拠を掴むために私、ガルノー・ギルトフッド一等審問官は三ヶ月の間、監視任務に当たっていた。そんな中、世間を騒がせている「陽炎事件」の首謀者、幻術使いのバーズ捜索に同行することに。ブレイスの活躍もあり、事件は収束したがそれは、更なる陰謀の序章でもあった――。最優秀賞を受賞した、決して絶ち切れることがない、二人の絆の物語。

【優秀賞】

聖語の皇弟と魔剣の騎士姫 ~蒼雪のクロニクル~

©春楡遥/KADOKAWA MF文庫J刊 イラスト:Hiten

【あらすじ】

〈聖語〉と呼ばれる言語体系が魔法の如く物理世界を書き換える時代――。史上最強の〈聖語騎士〉を姉に持つ少年・蒼生=カレン=ブラッドフォードは、規格外の言語能力を持ちながらも、ある理由で試験で手を抜いて平均点を取り、目立たぬように〈シルヴィウス学院〉での日々を送っていた。平凡な同級生には疎まれたりはするものの、学年首席の少女・氷乃華雪音は幼馴染みとして蒼生に寄り添い、留学生の少女・カロリーナは一途に蒼生に想いを寄せ、学院生活は穏やかに営まれていた。だが、ある事件をきっかけに蒼生と雪音に極秘任務が下り……? 天才的問題児×完全無欠の優等生。大スケール魔法学園ファンタジー、開幕!

【審査員特別賞】

青色ノイズと<やきもち>キラーチューン ワケありJKと始める男装V系バンド

©総夜ムカイ/KADOKAWA MF文庫J刊 イラスト:しぐれうい

【あらすじ】

自分の声にコンプレックスがある男子高校生・大上透。かつて軽音楽部のライブで散々な思いをしたことで音楽をやめてしまう。それ以来、周囲と距離をとって過ごしていたが「ボクは、君の歌声が忘れられないんだ」とバンドに誘う謎のイケメンが登場!? なんと、その正体はクラスで一番地味な女子・音子が男装した姿だった! デートにライブ、そして≪恋≫(やきもち)。ワケありでクセの強い連中との日々は騒がしさを増していく。これは不器用なヤツらがトラウマを乗り越え、懸命に≪パトス≫を歌う、苦くて熱い学園V系バンドストーリー!――青春の爆音(ノイズ)は鳴り止まない!

【佳作】

ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの? だって好きなんだもん

©三月みどり/KADOKAWA MF文庫J刊 イラスト:なえなえ

【あらすじ】

「優吾(ゆうご)よ、そんなに天真陽毬(てんしんひまり)が好きなのか?」「あぁ。俺は天真が好きだ」「ど、どうして我(われ)のことをす、好きになってくれないのだ。我はこんなにも美しくて胸も大きいというのに。我は優吾のことが好きだ! だからわ、我と付き合ってください!」「すまん月宮。俺はお前とは付き合えない」「そんな!? 我じゃダメなのか? お前の想いは絶対に天真には届かないぞ。何故なら、我がラブコメの神様でこの力で優吾の告白を邪魔し続けるからだ!」「お前はそんなに俺の恋を邪魔したいのか?」「うん」「即答!?」「だ、だって……わ、我は、優吾のことが好きなんだもん! だ、だから、優吾は早くあの女を諦めて、わ、わわ、我を好きになってください!」

第14回MF文庫Jライトノベル新人賞を受賞した上記4作品は2018年12月25日に発売となる。気になる作品をぜひ手に取ってもらいたい。

[関連サイト]

「第14回MF文庫Jライトノベル新人賞」特設サイト

MF文庫J公式サイト