『異世界居酒屋「のぶ」』がシリーズ累計200万部を突破

宝島社刊『異世界居酒屋「のぶ」』がシリーズ累計200万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、異世界に繋がった居酒屋「のぶ」で巡る様々な「食」と「出会い」を綴る物語を描く。2018年4月よりアニメ『異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』としてWEB配信が行われ、その後10月からはTV放送が実施中となる。2015年からスタートしているコミカライズ版も大きな人気を博しており、スピンオフコミックも2本連載されるなど、小説と漫画、そしてアニメで注目を集め続けている。

【あらすじ】

古都の季節は、夏から秋へと移ろいつつあった。居酒屋「のぶ」はいつものように営業を続けており、日々の仕事に疲れた人々は、美味い酒と料理で元気を取り戻している。そんな「のぶ」へやってきた一人の男。彼は大事な晩餐会を前にしてスランプに陥っている“四翼の獅子”亭の副料理長だった…。仕事が人と人を結び、疲れた身体を一杯の酒が癒やしていく。読めばお腹が空いてくる異世界グルメファンタジー、第5弾。

現在は配信されたアニメの映像商品化プロジェクトが進行しており、発売のボーダーラインとなっていた300本の受注を達成。2019年1月31日(木)まで受注を受け付けている。アニメもTV放送中の『異世界居酒屋「のぶ」』は、宝島社より単行本ならびに文庫がそれぞれ第5巻まで発売中。

ノンテロップ版Blu-rayを完全受注生産!

©蝉川夏哉/宝島社 イラスト:

[関連サイト]

『異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』公式サイト

『異世界居酒屋「のぶ」』原作公式サイト

宝島社(このライトノベルがすごい!文庫)公式サイト