『公爵令嬢の嗜み』第8巻発売でシリーズは堂々の完結 記念書き下ろしショートストーリーを特典として展開へ

カドカワBOOKS刊『公爵令嬢の嗜み』第8巻が2018年12月10日に発売された。2015年のシリーズ刊行から堂々の完結となる。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、乙女ゲーム世界の悪役ヒロインに転生した主人公が、婚約破棄から始まるバットエンドを回避して、働くお嬢様としての逆転ストーリーを描く。このたびのシリーズ完結を記念して、ここでしか読めないアイリス達の「ショートストーリー付き限定セット」や「特典配布」などを各書店やECサイトにて展開中となる。バットエンドから始まった物語はどんな結末を迎えることになったのか自身の目で確かめてもらいたい。

【第8巻あらすじ】

社交界でメルリスが注目され始める頃、タスメリア王国は再び戦争の危機に直面し!? メルリスが駆け抜け、アイリスが受け継ぐ、大切なものを守る覚悟を描くシリーズ、堂々の完結巻! アイリスたちのその後も収録。

また、こちらもシリーズ完結を記念して、ニュース閲覧アプリ「スマートニュース」にて、2018年12月5日(水)~12月11日(火)の7日間連続となる試し読み配信を「読書」チャンネルにて実施している。興味がある方はチェックしてみよう。Web小説サイト「カクヨム」でも公開されている。

本作のコミカライズも「ヤングエースUP」にて連載中となっているので、あわせて読んでみよう。シリーズ累計50万部を突破する『公爵令嬢の嗜み』は、カドカワBOOKSより全8巻で発売中。

©澪亜/KADOKAWA カドカワBOOKS刊 イラスト:双葉はづき

[関連サイト]

カドカワBOOKS公式サイト

公爵令嬢の嗜み8

澪亜(著), 双葉はづき(イラスト)

公爵令嬢の嗜み

澪亜(著), 双葉はづき(イラスト)