『魔法女子学園の助っ人教師』のコミカライズが決定 規格外の魔法使いが女子学園で巻き起こす華麗なる学園ファンタジー

HJノベルス刊『魔法女子学園の助っ人教師』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、エルフの長に育てられた天才魔法使いが、旅の途中に救った貴族令嬢に惚れ込まれ、彼女たっての願いで魔法女子学園に赴任して始まる痛快英雄譚を描く。原作小説は現在、第4巻まで発売されている。コミカライズの作画は藤本桜氏が担当することも決定しており、連載は「Gファンタジー」にて行われる。

【第1巻あらすじ】

数千年に一人の才能を持ち、人族にも拘わらずエルフの長に育てられた天才魔法使い、ルウ・ブランデル。全属性の魔法を使いこなし、大精霊・魔族すら自由自在に従える彼は、気ままな旅の途中、美しき貴族令嬢・フランを救う。すっかり彼に惚れ込んだフランのたっての願いで、ルウは彼女が校長代理を務める「魔法女子学園」に赴任することに。かくしてフランとの恋を軸に、可憐な女生徒たちをも巻き込んだ、最強魔法使いの教師生活がスタートする!

コミカライズの連載は2019年1月18日発売の「Gファンタジー2月号」より開始する。コミカライズが決定したこの機会にぜひ原作小説を読んでみよう。『魔法女子学園の助っ人教師』は、HJノベルスより第4巻まで発売中。

©東導号/ホビージャパン イラスト:とよた瑣織

[関連サイト]

『魔法女子学園の助っ人教師』特設ページ

HJノベルス公式サイト

魔法女子学園の助っ人教師4

東導号(著), とよた瑣織(イラスト)

魔法女子学園の助っ人教師

東導号(著), とよた瑣織(イラスト)