『陰の実力者になりたくて!』&『破滅の魔導王とゴーレムの蛮妃』のコミカライズ連載が本日発売のコンプエース2月号より同時スタート

エンターブレイン単行本『陰の実力者になりたくて!』、そして『破滅の魔導王とゴーレムの蛮妃』のコミカライズ連載が、2018年12月26日発売の「コンプエース2月号」よりスタートした。『陰の実力者になりたくて!』は陰の実力者に憧れていた中二病の少年が、転生した異世界で本物の陰の実力者に昇り詰めていく勘違いコメディを描く。原作小説は現在、第1巻が発売されている。コミカライズの作画は坂野杏梨氏が担当しており、第1話が巻頭カラーを飾った。

【原作小説あらすじ】

普段はモブとして力を隠しつつ、陰ながら物語に介入して実力を見せつける『陰の実力者』に憧れる少年・シド。異世界に転生した彼は念願の『陰の実力者』設定を楽しむため、妄想で作り上げた『闇の教団』を蹂躙すべく暗躍していたところ、どうやら本当に、その教団が実在していて…?ノリで配下にした少女たちに『勘違い』され、シドは本人の知らぬところで真の『陰の実力者』になり、そして彼ら『シャドウガーデン』は、世界の闇を滅ぼしていく―!!

『破滅の魔導王とゴーレムの蛮妃』は世界を滅ぼす魔導王として異世界に召喚された主人公が、自らが生み出したヤンデレ最強ゴーレムと歩む異色の冒険ファンタジーを描く。原作小説は12月27日に第2巻が発売される。コミカライズの作画はいのうえひなこ氏が担当しており、第1話が巻中カラーを飾った。

【原作小説あらすじ】

気づけばダサいパジャマのまま異世界にいた「俺」。世界を滅ぼす『魔導王』として召喚されたようだが、どうやらその能力は土属性に全振りされていて―。そして生み出した“最強兵器”は戦闘能力だけでなく、嫉妬深さも最強で!?小説家になろう発!異色の冒険ファンタジー!

エンターブレイン単行本発のコミカライズが2作品同時にスタートした。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ発原作小説も読んでみよう。『陰の実力者になりたくて!』は第1巻が発売中。『破滅の魔導王とゴーレムの蛮妃』最新2巻も2018年12月27日発売。

©逢沢大介/KADOKAWA エンターブレイン刊 イラスト:東西

©北下路来名/KADOKAWA エンターブレイン刊 イラスト:芝

[関連サイト]

エンターブレイン公式サイト

陰の実力者になりたくて!

逢沢大介(著), 東西(イラスト)

破滅の魔導王とゴーレムの蛮妃

北下路来名(著), 芝(イラスト)