【2018冬コミ情報】5人の人気ライトノベル作家陣が執筆する合同小説同人誌『作家重飯』をご紹介

2018年12月29日(土)~12月31日(月)にかけて開催される冬コミ(コミックマーケット95)。本記事ではカルロ・ゼン氏蝉川夏哉氏津田彷徨氏暁なつめ氏長月達平氏の5人の人気ライトノベル作家が参加・執筆する2018年冬コミ新刊小説同人誌『作家重飯』を紹介する。コミックマーケット95に参加予定の読者はぜひサークル「作家軽飯」に足を運んでみてほしい。

あらすじは「魚を食す……ただし編集者のお金でという迷惑極まりないテーマを元に、ある者は取材と称して各地に飛び、またあるものは自作をテーマに魚を食していく。そして美食を通し、彼らは神の為せる技(重版)へと挑む」というもの。人気作家5人が手掛ける商業誌とは一味違う本作を、ぜひライトノベル読者のみなさんにも手に取ってもらいたい。

【頒布物内容サンプル】

[コミックマーケット95サークル情報]

サークル「作家軽飯」:2018年12月29日(土)西れ-53a

冬コミ新刊『作家重飯』に興味がある読者はくれぐれも日にちだけは間違えないよう会場へ足を運んでほしい。

[代表作]

『幼女戦記』(カルロ・ゼン)/『異世界居酒屋「のぶ」』(蝉川夏哉)/『やる気なし英雄譚』(津田彷徨)/『この素晴らしい世界に祝福を!』(暁なつめ)/『Re:ゼロから始める異世界生活』(長月達平) ※順不同

ラノベニュースオンラインでは商業作品はもちろん、作家各々で展開している同人誌や個人活動についても可能な範囲で紹介していく。紹介をご希望される方はぜひご連絡くださいませ。

※本記事は商業誌ではなく同人誌の紹介記事です

©カルロ・ゼン、蝉川夏哉、津田彷徨、暁なつめ、長月達平

[関連サイト]

カルロ・ゼン氏のTwitterアカウント

蝉川夏哉氏のTwitterアカウント

津田彷徨氏のTwitterアカウント

長月達平氏のTwitterアカウント

【合本版】やる気なし英雄譚 全6巻

津田彷徨(著), MID(イラスト)