『ひとりぼっちの異世界攻略』のコミカライズが決定 スキル「ぼっち」によって孤独から始まる異世界冒険譚

オーバーラップ文庫刊『ひとりぼっちの異世界攻略』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、クラスメイトとともに異世界へと召喚された主人公が、スキル「ぼっち」の効果でまともにパーティを組むことができず、孤独に異世界の冒険へ乗り出す攻略譚を描く。原作小説は現在、第2巻まで発売されている。コミカライズの作画はびび氏が担当することも決定しており、連載は「コミックガルド」にて行われる。

【第1巻あらすじ】

高校生活を“ぼっち”で過ごす遥は、ある日突然クラスメイトとともに異世界へ召喚される。気づけば神様の前にいた遥は、チート能力が並ぶスキルリストから異世界で生きるために好きなスキルを選べることになった――と思いきや、スキル選びは早い者勝ち。チートスキルはクラスメイトに取り尽くされていて!? 売れ残りの微妙なスキルしか得られなかった遥は、『ぼっち』というスキルの効果でパーティーが組めず、異世界でも孤独に冒険する。そんなときクラスメイトの危機を知った遥は彼らを救うと密かに決意し、チートに頼らず、チートを超える異端の最強への道を歩み出す――。最強ぼっちの異世界攻略譚、開幕!

コミカライズの連載は2019年1月25日の開始が予定されている。コミカライズが決定したこの機会にぜひ原作小説も読んでみよう。『ひとりぼっちの異世界攻略』は、オーバーラップ文庫より第2巻まで発売中。

©五示正司/オーバーラップ イラスト:ぶーた

[関連サイト]

『ひとりぼっちの異世界攻略』特設ページ

オーバーラップ文庫公式サイト