小説・漫画の投稿サイト「アルファポリス」の収益還元プログラム「投稿インセンティブ」の配分方式が変更

小説・漫画の投稿サイト「アルファポリス」は、2019年1月1日(火)より投稿者への収益還元プログラムである「投稿インセンティブ」の配分方式を、アルファポリスの広告収入すべてを分配する方式に完全変更した。

「投稿インセンティブ」とは、アルファポリスへの投稿作品(小説・漫画)の人気度などに応じて、投稿者へインセンティブを還元する制度で、投稿者の小説・漫画の投稿活動の支援を目的としている。アルファポリスで作品(小説・漫画)を投稿すると、その作品の人気度などを元に、月単位でスコアが付与され、貯まったスコアは一定数以上で特典(各種商品ギフトコードや現金)と交換することができる。2015年1月からスタートしていた本機能が、サービス内すべての広告収入を分配する方式に変更となったことで、投稿者にとっては大きなプラスとなることが想定される。

■広告収入100%の還元方法

前々月の広告収入の100%を投稿者へ分配

※分配されるスコアは実際の広告収入と差異が出る場合があります。

※本方式は2019年内は継続します。その後は変更する可能性があります。

※レンタルに利用可能な各種アイテムが取得可能なリワード広告による収入は、投稿インセンティブに還元する広告収入額には含みません。

なお、獲得したスコアは「iTunesギフトコード」や「Amazonギフトコード」など、ギフト券や現金に交換することが可能となっている。投稿者にとってはちょっとした支援が助けになることもある。本制度には注目だ。

⇒ 投稿インセンティブの配分方式の変更についてはこちら

[関連サイト]

アルファポリス公式サイト