『高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果』のコミカライズ連載が本日より開始

GA文庫刊『高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果』のコミカライズ連載が、マンガアプリ「マンガUP!」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、社畜な生活を送っていた主人公がある日高校2年の春へとタイムリープすることとなり、憧れだった先生に告白して始まるイチャラブ学園ストーリーを描く。原作小説は現在、第3巻まで発売されている。コミカライズの作画は松元こみかん氏が担当しており、第1話が24ページで公開されているほか、先読みでは第5話まで読むことができる。憧れの先生との甘い恋人物語がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

アラサー社畜な日々を送っていた俺は、ある朝目覚めると高2の春にタイムリープしていた。当時好きだった先生・柊ちゃんに告白しないまま卒業したことをずっと後悔していた俺は、今度こそ告白すると――まさかのOK。見事付き合えることになったのだった!! でも付き合ってみると先生は男をダメにする女の人で、常に俺を甘やかしまくる。尽くし過ぎる先生とバレないように付き合いながら甘々でイチャイチャな学園生活が始まる!! 毎話美味しいとこだけをサクッと読める連作短編形式。web小説投稿サイトで大人気の中身アラサーで高2な俺と俺を甘やかしたい先生が贈る日常イチャラブコメディ!!

次回の更新は2019年1月20日(日)となり、第5話まで毎日更新が行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者は、ぜひ原作小説も読んでみよう。本作はラノベニュースオンラインアワード2018年1月刊のアンケート結果にて、第1巻が「新作部門」「新作総合部門」で選出。小説冒頭については日刊試読タイムの記事でも触れているのであわせてチェックしてもらいたい。『高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果』は、GA文庫より第3巻まで発売中。

日刊試読タイムで原作小説もチェック!

©ケンノジ/SBクリエイティブ イラスト:やすゆき

[関連サイト]

GA文庫公式サイト