『放課後は、異世界喫茶でコーヒーを』のコミカライズが決定 迷宮都市の片隅で高校生が営む喫茶店物語

ファンタジア文庫刊『放課後は、異世界喫茶でコーヒーを』のコミカライズが決定した。本作は第1回カクヨムWeb小説コンテスト「特別賞」受賞作で、現代からやってきた高校生店主が営む、迷宮都市の片隅にある一軒の喫茶店を舞台にした様々な“常連”たちとの物語を描いた作品。原作小説は現在、第4巻まで発売されている。コミカライズの作画は蔦屋空氏が担当することも決定しており、連載は「コンプエース」にて行われる。

【第1巻あらすじ】

魔法の息吹がかかったアイテムや食物が産出される『迷宮』。これを中心に栄える迷宮都市の外れに佇む一軒の喫茶店では、この異世界で唯一コーヒーが飲める。現代からやってきた高校生店主ユウが切り盛りするこの店には、コーヒーの芳しい香りにつられて、今日も喫茶店グルメを求めるエルフやドワーフ、冒険者たち、そして街の有力者までもが“常連”として足を運ぶ。近所にある魔術学院に通う少女リナリアもそのひとり。まだ、コーヒーは甘くしないと飲めないけど、ユウがいるこの店の雰囲気がお気に入り。でも、ライバルの女の子たちは他にもいて? 恋のスパイスが効いたおいしい物語を異世界喫茶からお届け。

コミカライズの連載は、2019年1月26日に発売される「コンプエース3月号」より開始となる。コミカライズが決定したこの機会に、ぜひ原作小説も読んでみよう。『放課後は、異世界喫茶でコーヒーを』は、ファンタジア文庫より第4巻まで発売中。最新5巻も2019年2月20日発売予定。

©風見鶏/KADOKAWA ファンタジア文庫刊 イラスト:u介

[関連サイト]

『放課後は、異世界喫茶でコーヒーを』特集ページ

ファンタジア文庫公式サイト

放課後は、異世界喫茶でコーヒーを4

風見鶏(著), u介(イラスト)

放課後は、異世界喫茶でコーヒーを

風見鶏(著), u介(イラスト)