『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』のドラマCD化が決定

GA文庫刊『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』のドラマCD化が決定した。本作は第8回GA文庫大賞「優秀賞」受賞作で、人外魔境な最果ての集落から飛び出した少年が、都会で軍人を目指す成長と勘違いの無双ファンタジーを描く。原作小説は現在第6巻まで発売されており、シリーズ累計は60万部を突破している。ドラマCDがどういった形式で発売となるかについては今後の続報が待たれる。

【あらすじ】

「僕にお芝居なんかできるかなぁ」 流行りの「映イラスト」の話題で盛り上がるロイドたちに出演者募集の話が舞い込んだ。士官候補生から活きのいいスタントマンが必要らしく――「それならいい方法があるんじゃ!」 アルカ秘伝の『大人になる魔法』でハンサムな好青年に変身させられたロイド。映イラスト界に突如として現れた驚異の新人アクション俳優ロイとして主役以上の活躍を連発! 謎の美人女優、国王の密命、裏社会の悪党たち。全てを巻き込んだ本気と演技が入り交じり、台本には無い筋書きからもう戻れない――!? 勇気と出会いと即興芝居で大旋風を呼ぶ勘違い無双物語、第6弾!!

ドラマCDの脚本は原作者・サトウとシオ氏による書き下ろしとなるほか、出演キャストやドラマCDの内容については今後の続報を楽しみに待ちたい。ドラマCD化が決定したこの機会にぜひ原作小説も読んでみよう。『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』は、GA文庫より第6巻まで発売中。

©サトウとシオ/SBクリエイティブ イラスト:和狸ナオ

[関連サイト]

『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』特設ページ

GA文庫公式サイト