女性向けコンテンツ新レーベル「プラスクロス」第1弾企画のWeb小説『Dryadroid』ストーリー解禁&ドラマCD化が発表

2019年1月7日に発足した女性向けコンテンツレーベル「プラスクロス」の第1弾企画として、Web小説『Dryadroid(ドライアドロイド)』が始動した。物語の始まりである「プロローグ」ストーリーが公式サイトで公開されたほか、早くもドラマCDの発売が明らかとなっている。本作は女性向け恋愛小説×近未来SFをテーマに創作されたWeb小説となり、近未来都市「灯京(トウキョウ)」を舞台に繰り広げられる、ドライアドロイドと呼ばれる人間と瓜二つのアンドロイドたちと、一人の女性ドライアド技師との物語を描く。本編の連載は1月28日より開始となる。

【イントロダクション】

人間は生まれてから6年後に、自分の生涯をサポートするためのアンドロイド『Dryadroid<ドライアドロイド>』通称『ドライアド』を与えられる。見た目はほとんど人間と見分けがつかない。ドライアドの型は1種だが、新品であれば、自分の好きなようにカスタマイズすることが出来る。一緒に成長していく兄弟のように 暖かく見守る母親のように 厳しく叱ってくれる先生のように 隣で寄り添う恋人のように 人間のような機械たちと、ドライアド技師の物語

「プロローグ」ストーリーの公開にあわせて、ドラマCD化も決定している。ナイト役を石谷春貴さん、ブラン役を熊谷健太郎さん、カイン役を山谷祥生さんの3名がそれぞれ担当する。ドラマCDでは、Web小説本編では描かれないストーリーが収録される予定となる。ドラマCDの最新情報は今後公式サイトにて発表されるという。

【スタッフ】

シナリオ:あざな、七瀬みお

イラスト・キャラクターデザイン:倉吉サム

企画・原案:プラスクロス

©PlusCross/A3 ©Dryadroid/PlusCross

[関連サイト]

『Dryadroid』公式サイト

プラスクロス公式サイト

プラスクロス公式Twitter