『スライム倒して300年』スピンオフ小説『ヒラ役人やって1500年、魔王の力で大臣にされちゃいました』のコミカライズ連載が開始

GAノベル刊『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』のスピンオフ小説『ヒラ役人やって1500年、魔王の力で大臣にされちゃいました』のコミカライズ連載が、「ガンガンONLINE」にて開始となった。本スピンオフは本編にも登場する上級魔族ベルゼブブを主人公に描いた物語となる。コミカライズの作画は村上メイシ氏が担当しており、第1話「ヒラから大臣にされてしまったのじゃ」がカラー含む30ページで公開された。魔族の上級貴族・ベルゼブブが農相になる前の物語がコミックでもスタートした。

【スピンオフ小説あらすじ】

アズサ一家が住む高原の家にしばしばやって来る上級魔族『ベルゼブブ』。彼女はアズサの“お姉ちゃん”にして、農業大臣として魔族の国を取り仕切るスーパーエリートでもある。 だが、アズサが300年スライムを倒し続けて世界最強になっ(てしまっ)たように、彼女も最初から、そして望んでその地位になったわけではないようで……!? 一言で言えば「だいたい魔王様がわるい」で済んでしまう、農相ベルゼブブのドタバタわーきんぐ物語!

⇒ コミカライズ版『ヒラ役人やって1500年、魔王の力で大臣にされちゃいました』はこちら

次回の更新は2019年2月28日(木)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ公開中のスピンオフ小説、ならびに本編小説を読んでもらいたい。本編『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』は、GAノベルより第8巻まで発売中。最新9巻も2019年3月発売予定。

©森田季節/SBクリエイティブ イラスト:紅緒

[関連サイト]

『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』特設ページ

GAノベル公式サイト