【レポート】「コンサートの実現に感謝を!」『この素晴らしい世界に祝福を!コンサート~この素晴らしい音楽に喝采を!~』

2019年2月3日(日)に東京芸術劇場で開催された『この素晴らしい世界に祝福を!コンサート~この素晴らしい音楽に喝采を!~』の模様をお届けする。アニメ第1期のBGMを中心に演奏された【昼の部】、アニメ第2期のBGMを中心に演奏された【夜の部】の二公演で実施された本イベント。コンサートの【夜の部】では、福島潤さん(カズマ役)、雨宮天さん(アクア役)、高橋李依さん(めぐみん役)、茅野愛衣さん(ダクネス役)、OP主題歌アーティストのMachico、劇伴作家の甲田雅人氏が出演。オーケストラ演奏や朗読劇、トークショーが展開され大きな盛り上がりをみせた。

イベントの冒頭で客席からの注目を集めたのはOP主題歌アーティストであるMachico。ロングドレス姿で登場したMachicoは、アニメ第2期のオープニング主題歌「TOMORROW」を東京ニューシティ管弦楽団による生演奏をバックに熱唱する。イベント序盤から鳴りやまない拍手が響き渡り、大きな盛り上がりの中でコンサートはスタートした。

そして始まる東京ニューシティ管弦楽団による生演奏。大ホール中央の巨大スクリーンには演奏とあわせたアニメ第2期の映像を流れる。さらに非常に凝った照明の演出と生演奏の迫力が合わさり、身近に作品の世界を感じることができる一体感が作り上げられ、一曲一曲が終わるたびに観客からは耳が割れんばかりの拍手が送られていた。

イベント中盤ではスペシャルトークショーとしてキャスト陣も一挙登壇。タキシード姿の福島潤さん(カズマ役)、それぞれが演じるキャラクターと同じ色合いのドレスで着飾った雨宮天さん(アクア役)、高橋李依さん(めぐみん役)、茅野愛衣さん(ダクネス役)。そして本作の劇伴作家である甲田雅人氏も登場し、まさかの実現となったオーケストラ生コンサートへの想いの丈や印象を語った。甲田雅人氏は生演奏のために曲をアレンジしたエピソードや、生演奏で映える選曲をしたというエピソードを披露。アニメ第2期で印象に残っている楽曲のエピソードでは「アクシズ教団の曲」が挙げられるなど、客席から大きな笑いが漏れる一幕も見られた。

続いて行われた朗読劇では客席の笑いが終始絶えることはなかった。書き下ろしの脚本で描かれた物語は、アクセルの街に建設されたコンサートホールへとカズマ達一行が足を運ぶというもの。当然ながら素晴らしい音楽に感銘を受けただけで終わるわけはなく、感銘を受けたアクアがコーラス隊をスカウトして、アクシズ教団の布教活動を始めようとする。実際にコーラス隊によって歌が歌唱されると、会場からはワッと笑い声が響き渡る。最終的にはアンデッドを呼び寄せてしまうアクア定番の展開も相まって、最後はバットエンド一直線の物語に。しかしながら、会場は割れんばかりの笑いと拍手に包まれていた。

トークショー・朗読劇の後には生演奏の後半もスタート。終盤にはアニメ第2期の決戦シーンも映像として流され、照明の演出にも生演奏にも一層が力が入り、客席からの拍手も次第に大きさを増した。そして最後には雨宮天さん(アクア役)、高橋李依さん(めぐみん役)、茅野愛衣さん(ダクネス役)によるアニメ第2期エンディング主題歌「おうちに帰りたい」の歌唱。生演奏をバックに熱唱した3人はその喜びを満面の笑みで語った。最後に出演者陣は劇場版『この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説』、そして「このすば」も参戦して4月から放送開始となる『異世界かるてっと』への意気込みを語り、応援を呼びかけた。全員が手を繋いでお辞儀をすると一際大きな拍手となり、東京ニューシティ管弦楽団メンバーの一礼では、さらに大きな拍手が送られ、客席と出演者が一体となってイベントは幕を閉じた。

(C)暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/映画このすば製作委員会

[関連サイト]

『この素晴らしい世界に祝福を!』アニメ公式サイト

TVアニメ『このすば』公式Twitter

『この素晴らしい世界に祝福を!』原作特設ページ

スニーカー文庫公式サイト

この素晴らしい世界に祝福を! 15

暁なつめ(著), 三嶋くろね(イラスト)

この素晴らしい世界に祝福を! 1

暁なつめ(著), 三嶋くろね(イラスト)