『起きたら20年後なんですけど! ~悪役令嬢のその後のその後~』のコミカライズが決定

アリアンローズ刊『起きたら20年後なんですけど! ~悪役令嬢のその後のその後~』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、毒殺されかけたことをきっかけに前世の記憶を取り戻した主人公が、乙女ゲーム世界で九死に一生を得て目覚めると、エンディングどころかスタッフロールも通り過ぎた20年後に目覚めて始まる物語を描く。原作小説は全2巻で発売されている。コミカライズの作画はおの秋人氏が担当することも決定しており、小説で完結した物語が漫画としてもう一度動き出そうとしている。

【原作小説あらすじ】

毒殺されかけたのをきっかけに、前世の記憶を思い出したフィオリア。ここは乙女ゲーム世界で私はライバル令嬢!? 咄嗟に自分にかけた魔法で九死に一生を得たものの、次に目覚めたら20年後。しかも当時のままの姿だった! ゲームのエンディングどころか、スタッフロールも通り過ぎた今、祖国は傾き中。原因はゲームヒロインと、かつてのゲーム攻略対象達。そのうえ彼女は、フィオリア毒殺未遂の黒幕!? 彼女達に借りを返し、国を立て直すことに決めたフィオリアだけど―!?「『暴風の女帝』と呼ばれた私を止められるならば、止めてみせなさい!」 誰よりもイケメンなお嬢様が送る、異世界転生ファンタジー開幕!

コミカライズの連載媒体、連載時期などの詳細については今後の続報を待ちたい。コミカライズが決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『起きたら20年後なんですけど! ~悪役令嬢のその後のその後~』は、アリアンローズより全2巻で発売中。

©遠野九重/アリアンローズ イラスト:珠梨やすゆき

[関連サイト]

アリアンローズ公式サイト