『フロンティアダイアリー ~元貴族の異世界辺境生活日記』のコミカライズ連載が開始

サーガフォレスト刊『フロンティアダイアリー ~元貴族の異世界辺境生活日記』のコミカライズ連載が、無料漫画サイト「ComicWalker」にて開始となった。本作は第5回ネット小説大賞受賞作で、大貴族として傲慢な振る舞いをする家族の怒りを買って追放された次男坊が、森の奥で廃屋となっていた宿場町で始める辺境生活物語を描く。原作小説は現在、第3巻まで発売されている。コミカライズの作画は阿部花次郎氏が担当しており、第1話がカラー含む50ページで公開された。すべてを失った主人公が、誰もが帰れる場所を作るための物語がコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

広大なパルマ王国の首都・王都パルマの大貴族、グリード家次男 サファテ・グリード。権力を振りかざし、やりたい放題の家族とは違い、魔法学園の教師として真面目に働き、勇敢な青年だが、庶民から法外な税を取り立てる傲慢な父親に意見したことで怒りをかい、学園どころか王国、辺境都市からも追い出されてしまう。魔法学校の同僚・エルフのエルデナと、猫人(キャットピープル)メイドのウーニャ共に行き着いた先は、森の奥で廃屋になった誰もいない宿場町だった…。元貴族の青年が、『仲間たち』と巻き起こす心温まる辺境生活記!

⇒ コミカライズ版『フロンティアダイアリー』はこちら

次回の更新は2019年3月15日(金)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者は、ぜひ原作小説も読んでみよう。『フロンティアダイアリー ~元貴族の異世界辺境生活日記』は、サーガフォレストより第3巻まで発売中。

©Miya Kinojou

[関連サイト]

『フロンティアダイアリー ~元貴族の異世界辺境生活日記』特設サイト

サーガフォレスト公式サイト