【記事紹介】電撃文庫『アンダーランド・ドッグス』中田明さんインタビュー

電撃オンラインのウェブサイトで、電撃文庫 『アンダーランド・ドッグス』の作者、中田明さんのインタビューが掲載されている。

中田明さんは、第17回電撃文庫小説大賞応募作からの拾い上げでデビューした作家。

『バベル』で作家デビューを果たしている。

リンク :  【Spot the 電撃文庫】脱獄犯を追うひとクセある連中を描いた群像劇『アンダーランド・ドッグス』の作者・中田明先生にインタビュー!

【アンダーランド・ドッグス】

私、カイです。相棒のファイとわっる~い犯罪者を捕まえる賞金首ハンターをやっとります。今この街はおっきな宗教の新教祖就任問題でゴタゴタ中なんだけど、さらに極悪人てんこ盛りの囚人護送車から凶悪犯が7人も逃げだしちゃって大騒ぎらしい。血が騒ぐぜー―日本解体後、犯罪者と異国人で溢れる関東州スピアシティ。その地下街に消えた7人を追うノンストップの5日間。多額の懸賞金を目当てに立ち上がったハンターの少女たち、囚人に逃げられてクビ寸前の女治安官、脱獄囚に紛れた先代教祖の隠し子を捜す宗教団体幹部。互いの思惑が交差する、切れ味鋭い痛快ブラックユーモア群像劇。

(「BOOK」データベースより)

なお、電撃文庫公式サイトの新作紹介のページでは、同作の立ち読みが掲載されている。

(C) アスキー・メディアワークス 中田明/ひと和

[関連サイト] 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE

記事:逢坂肇

[商品データ]