【記事紹介】ファンタジア文庫「グロリアスハーツ」紹介

4gamers.comのウェブサイトで、富士見ファンタジア文庫の新シリーズ、

淡路帆希(あわみち・ほまれ)さん作「グロリアスハーツ」が紹介されている。

淡路さんは「紅牙のルビーウルフ(受賞時タイトル:盗賊娘はお国のために)」で第17回ファンタジア長編小説大賞準入選を受賞した作家。

「紅牙のルビーウルフ」全8巻、「花守の竜の叙情詩」全3巻を既に刊行している。

イラストは「狼と香辛料」で知られる文倉十さんだ。

本作は、3月17日され、現在好評発売中。

リンク : 人と人ならざる者は共存できるのか。「放課後ライトノベル」第87回は『グロリアスハーツ』でクール系美少女に罵られながら旅をしよう

リンク : ファンタジア文庫「グロリアスハーツ」紹介ページ

【グロリアスハーツ】

シローフォノ軍の研究機関『クレイドル』にて生まれた、怪異の力を持つ人型の生命兵器―『贋人』。贋人として生まれた少女・ユズカと、ユズカを人間にしたいと願う少年・アルトゥールの二人は、贋人の秘密を知る唯一の人物と言われる研究者・ディニタ・イングリスの行方を探している。ユズカの冷気を操る能力『氷姫』を利用して、宅配業を営みながら旅を続ける二人だったが、ある日立ち寄った街で贋人の心臓『マテリエ』を狙う『贋人狩り』に遭遇し―。旅立ちは三人、大切な人を失ったあの日、守りたいと願う激情が、少年の中に眠る7つの龍を呼び起こす本格ファンタジー。

(「BOOK」データベースより)

(C) 富士見書房 淡路帆希/文倉十

[関連サイト] 富士見書房

記事:逢坂肇

[商品データ]