『屋根裏部屋の公爵夫人』のコミカライズ連載が本日発売のビーズログ・コミック74号より開始

カドカワBOOKS刊『屋根裏部屋の公爵夫人』のコミカライズ連載が、2019年3月5日発売の電子雑誌「B’s-LOG COMIC 2019 Vol.74」よりスタートした。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、政略結婚をしたものの邪魔者扱いされてしまった負けず嫌いの公爵夫人が、ある計画に向けて屋根裏部屋から動き出す華麗なる逆転劇を描く。原作小説は現在、第2巻まで発売されている。コミカライズの作画は林マキ氏が担当しており、第1話が掲載された。

【原作小説あらすじ】

政略結婚のすえ公爵夫人となったオパールの新婚生活は、埃っぽい屋根裏部屋から始まった。いわれのない不名誉な噂のせいで悪評の的にされ、邪魔者扱いされ、敵意に満ちた嫁ぎ先。しかし、負けず嫌いな公爵夫人はこのままじゃ終わらない! 女は領地経営と無縁。そう油断する者たちを出し抜いて、オパールは「ある計画」のために屋根裏部屋から革命を起こし……!? 公爵夫人の華麗なる逆転劇が幕を開ける――!

本雑誌については、各電子書籍ストアにて配信が行われている。コミカライズ版を読んで物語の先の展開が気になった読者は、ぜひ原作小説も読んでみよう。『屋根裏部屋の公爵夫人』は、カドカワBOOKSより第2巻まで発売中。

©もり/KADOKAWA カドカワBOOKS刊 イラスト:アオイ冬子

[関連サイト]

カドカワBOOKS公式サイト

B’s-LOG COMIC 2019 Mar. Vol.74

コミックビーズログ編集部(編)

屋根裏部屋の公爵夫人

もり(著), アオイ冬子(イラスト)