『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』のTVアニメ化が決定 本編映像を使用したティザーPVも解禁

TOブックス刊『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』のTVアニメ化が決定した。本作は本好きの女子大生が識字率も低く本も少ない異世界へと転生してしまうことで始まるビブリア・ファンタジーを描いた人気シリーズ。原作小説は2019年3月9日にシリーズ第四部「貴族院の自称図書委員VI」も発売される。シリーズ累計は100万部を突破しており、宝島社刊「このライトノベルがすごい!」においては2018&2019の2年連続で単行本・ノベルス部門1位を獲得している。TVアニメ化の決定にあわせてメインスタッフ、メインキャストやティザーPVも解禁されており、主人公のマイン役を井口裕香さん、神官長フェルディナンド役を速水奨さんが担当することも明らかとなった。

【あらすじ】

現代の日本で生活している「本須麗乃(もとすうらの)」 は、念願である図書館への就職が決まったその日に亡くなってしまう。もっと多くの本が読みたかった、そんな未練を抱いたままの彼女は気が付くと異世界の幼女マインとしての身体を持って意識を取り戻した。物語の舞台となるのは 魔法の力を持つ貴族たちに支配された中世のような異世界の都市エーレンフェスト。厳格な身分制度の中、現代日本の知識を持つ少女マインが、本を手に入れるために奮闘する。

TVアニメ『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』ティザーPV

【キャスト】

マイン: 井口裕香

フェルディナンド: 速水奨

【スタッフ】

原作:『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』(TOブックス刊)

著者:香月美夜/イラスト:椎名 優

監督:本郷みつる

副監督:川崎芳樹

シリーズ構成:國澤真理子

キャラクターデザイン:柳田義明、海谷敏久

アニメーション制作:亜細亜堂

ファン待望となるTVアニメ化が動き出した本作をこの機会にぜひ読んでみよう。『本好きの下剋上』シリーズは、TOブックスより『第四部 貴族院の自称図書委員V』まで発売中。最新刊『第四部 貴族院の自称図書委員VI』も2019年3月9日発売。

©香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

[関連サイト]

TVアニメ『本好きの下剋上』公式サイト

TVアニメ『本好きの下剋上』公式Twitter

『本好きの下剋上』原作特設サイト

TOブックス公式サイト