『失格紋の最強賢者~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~』がシリーズ累計150万部を突破

GAノベル刊『失格紋の最強賢者~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~』がシリーズ累計150万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、世界に存在するあらゆる魔法・戦術を極め尽くした賢者がより高みを目指すために転生し、低レベルな魔法理論が跋扈する未来世界で始まる最強譚を描く。原作小説は現在、第8巻まで発売されている。昨年末のシリーズ累計100万部より、約3ヶ月でさらに50万部を積み上げている。小説とコミックの双方で注目を集め続けている本作の快進撃はまだまだ止まりそうにない。

【第8巻あらすじ】

かつてその世界で魔法と最強を極め【賢者】とまで称されながらも、『魔法戦闘に最適な紋章』を求め未来へと転生したマティアス。幸運にも一度目の転生で最強の紋章を手に入れられたが、未来では魔法戦闘に最適な紋章が「失格紋」扱いされ、優れた魔法理論さえ退化させられていた。そこに魔族の陰謀を感じ取ったマティアスは、王都に襲来した魔族を撃退すると、次いで最悪の魔族ザリディアスを葬り去る。果ては隣国へと侵入して、夥しい襲撃者を送り込んできた首謀者を突き止めた。その首謀者とは――かつて賢王と称された古代の王・グレヴィルだった。マティアスの前世、古代文明時代に善政を敷いていたグレヴィルが、この世界においては魔族に汲みし、人類を滅ぼそうとしていたのだ。『……3ヶ月後に、人類を滅ぼす』 一方的にそれだけ告げるグレヴィルに、マティアスはルリイ、アルマ、イリスを徹底的に鍛錬すると、遂にグレヴィルの城に乗り込む――!! ついにシリーズ累計150万部!! 超人気異世界「紋章」ファンタジー、第8弾!!

本作の魅力は主人公のマティアスはもちろん、彼の周りに集まる可愛くてコミカルなキャラクターたちの存在も大きい。マティアスとの鍛錬で圧倒的な力を身につけていく姿も見どころといえる。怒涛の快進撃を続ける本作をこの機会にぜひ読んでみよう。『失格紋の最強賢者~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~』は、GAノベルより第8巻まで発売中。

©進行諸島/SBクリエイティブ イラスト:風花風花

[関連サイト]

GAノベル公式サイト

失格紋の最強賢者8

進行諸島(著), 風花風花(イラスト)

失格紋の最強賢者

進行諸島(著), 風花風花(イラスト)