第13回小学館ライトノベル大賞の最終選考結果が発表 「ガガガ賞+審査員特別賞」など5作品が受賞

第13回小学館ライトノベル大賞の最終選考結果の発表が行われた。応募総数1,082作品の中から「ガガガ賞+審査員特別賞」に2作品、「優秀賞」に3作品の計5作品が選出された。ゲスト審査員は浅井ラボ氏が担当している。なお、残念ながら本小説賞で「ガガガ大賞」の受賞はなかった。

第12回小学館ライトノベル大賞「ガガガ賞」受賞作「魔法少女さんだいめっ☆」

<ガガガ賞+審査員特別賞>

『クラスメイトが使い魔になりまして』/著:鶴城 東

『僕がウラシマトンネルを抜けるとき』/著:八目 迷

<優秀賞>

『ラムネの瓶に沈んだビー玉の月』/著:裕夢

『リベンジャーズ・ハイ』/著:呂暇郁夫

『史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり』/著:月夜涙

⇒ 第13回小学館ライトノベル大賞最終選考結果はこちら

最終選考結果の発表ページでは、ゲスト審査員の講評と各受賞作へのコメント、総評、編集部講評も公開されている。そして各受賞作については2019年5月より順次刊行されることになるので、発売を楽しみにしたい。なお、現在は第14回小学館ライトノベル大賞の応募受付が行われているので、我こそはという方はぜひ応募を検討してもらいたい。

©栗ノ原草介/小学館 イラスト:風の子

[関連サイト]

小学館ライトノベル大賞ページ

ガガガ文庫公式サイト

魔法少女さんだいめっ☆ 3

栗ノ原草介(著), 風の子(イラスト)

《このラブコメがすごい!!》堂々の三位!

飛田雲之(著), かやはら(イラスト)