『世知辛異世界転生記』が『餓死転生~奴隷少年は魔物を喰らって覚醒す!~』にタイトルを改めてコミカライズ連載を開始

TOブックス刊『世知辛異世界転生記』のコミカライズ連載が、「comicコロナ」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、過労と栄養失調で突然死することになった男は転生した異世界でも農奴の息子として生まれ、前世と同じ理由で死にかけていたところを心優しい食堂の娘に助けられて始まる冒険譚を描く。原作小説は現在、第2巻まで発売されている。コミカライズ版ではタイトルを『世知辛異世界転生記』から『餓死転生~奴隷少年は魔物を喰らって覚醒す!~』へ変更されている。作画は麻日隆氏が担当しており、第1話が34ページで公開された。死にかけていた少年が人々の優しさによって立ち上がる活劇ファンタジーがコミックでもスタートした。

【原作小説あらすじ】

とある青年が、少年レウルスとして転生したのは、勇者として魔王を倒す・・・・・・・ではなく、奴隷として働かされ、ただ死を待つだけの絶望的な世界だった。15歳になったレウルスは、鉱山に連行される途中、キマイラによる襲撃に遭い、その混乱に乗じて逃亡に成功する。しかし、極度の空腹から餓死寸前のところを、心優しい食堂の少女コロナによって食事を恵まれ助けられる。何とか、生き伸びたレウルスは冒険者となり、ようやく人々の優しさに触れられ、生きる場所を手に入れていくが、それもつかの間――キマイラの影が再び忍び寄っていた・・・・・・。命を助けてくれた仲間への恩義に報いるため、レウルスはかつての敵に立ち上がる。自分自身に打ち勝つためにも――。魂の強さで運命を切り開く、本格活劇ファンタジー!

⇒ コミカライズ版『餓死転生』はこちら

次回の更新は2019年5月6日(月・祝)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者は、ぜひ原作小説も読んでみよう。『世知辛異世界転生記』は、TOブックスより第2巻まで発売中。

©池崎数也/TOブックス イラスト:そゐち

[関連サイト]

TOブックス公式サイト

世知辛異世界転生記2

池崎数也(著), そゐち(イラスト)

世知辛異世界転生記

池崎数也(著), そゐち(イラスト)