『うちのお嬢様が破滅エンドしかない悪役令嬢のようなので俺が救済したいと思います。』のコミカライズ企画が進行中

カドカワBOOKS刊『うちのお嬢様が破滅エンドしかない悪役令嬢のようなので俺が救済したいと思います。』のコミカライズ企画が進行している。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、ゆくゆくは悪役令嬢として非業の死を遂げることになる伯爵令嬢の執事に転生していた主人公が、お嬢様の破滅フラグを折りまくって始まる異世界転生コメディを描く。2019年3月9日に第1巻が発売されたばかりで、発売と同時に早くも漫画化に向けて動き出している。

【あらすじ】

伯爵令嬢の執事である俺・ヴィンセントは、ある日突然この世界が前世でプレイしていた乙女ゲームで、さらに自分が仕えるお嬢様が悪役令嬢として非業の死を遂げることを思い出す。は? ふざけんな。お嬢様は確かに愛想笑いすらできない方だが、死んでいいはずがない! そんな事になるなら、俺が彼女を救って幸せにしてみせる! …え? 俺も攻略対象キャラだって?? い、いや負けねー!! 敬愛するお嬢様の破滅フラグを折りまくる、俺の異世界転生コメディ!!

コミカライズの作画担当者や連載媒体、連載時期などの詳細については今後の続報を待ちたい。コミカライズ企画が進行するこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『うちのお嬢様が破滅エンドしかない悪役令嬢のようなので俺が救済したいと思います。』は、カドカワBOOKSより第1巻が発売中。

©古森きり/KADOKAWA カドカワBOOKS刊 イラスト:ももしき

[関連サイト]

カドカワBOOKS公式サイト