レジェンドノベルスのサブレーベルとして「レジェンドノベルス・エクステンド」創設 第一弾が2019年8月刊行へ

2018年10月に創刊したレジェンドノベルスは、このたびレーベルの拡張、そして挑戦と題して、サブレーベル「レジェンドノベルス・エクステンド」を創設する。レジェンドノベルスは小説投稿サイトに投稿されたネクストファンタジー小説を出版する専門レーベルとして創刊。このたびのサブレーベルでは、ゲーム文化を背景とせずとも、既存のレーベル読者にも楽しめる作品をラインナップするという。その第一弾として、2019年8月に『滴水古書堂の名状しがたき事件簿』を刊行する。

⇒ レジェンドノベルス・エクステンドとは

サブレーベル創設の背景には、これまで作品の発掘を行うにあたり、「ゲーム文化を背景としている」というネクストファンタジーではないために見送らざるを得なかった作品に触れる機会の増加を挙げている。小説投稿サイト「セルバンテス」との積極連携も謳うレジェンドノベルの今後の動向に注目が集まりそうだ。

[関連サイト]

レジェンドノベルス公式サイト

無色騎士の英雄譚2

浦賀やまみち(著), ヤマウチシズ(イラスト)

予言の経済学2

のらふくろう(著), 七和禮(イラスト)