『異世界のんびり農家』がシリーズ累計50万部を突破 自由気ままな第二の人生を描くスローライフ・農業ファンタジー

エンターブレイン単行本『異世界のんびり農家』がシリーズ累計50万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、闘病の末に命を落とした青年が神様によって蘇生され、異世界で自由きままな第二の人生をスタートさせるスローライフ・農業ファンタジーを描く。原作小説は2019年4月5日に第5巻も発売されたばかり。2017年10月に第1巻の刊行が行われ、その翌月には「ドラゴンエイジ」にてコミカライズの連載も開始されていた。小説とコミックの双方で依然注目を集め続ける人気シリーズとなっている。

【第5巻あらすじ】

大樹の村の上空に突然現れた空飛ぶ城、”太陽城”コウモリの羽を背につけた男が村を占拠したと宣戦布告を始めた…火楽(ヒラク)はいつも通りに『万能農具』で攻撃、トラブルを収める。しかし、本当のトラブルはここからだった!? この”太陽城”を制圧するため、大樹の村の精鋭を集めて総攻撃を開始!! シリーズ累計50万部突破のスローライフ・農業ファンタジー 第5弾!

本作は第1巻の発売時、そして第3巻の発売時にそれぞれCM映像も製作されており注目を集めていた。小説最新刊と同時にコミックス第3巻も発売されているので、この機会にぜひ原作小説とあわせて読んでもらいたい。『異世界のんびり農家』は、エンターブレイン単行本より第5巻まで発売中。

©内藤騎之介/KADOKAWA エンターブレイン刊 イラスト:やすも

[関連サイト]

エンターブレイン公式サイト

異世界のんびり農家 05

内藤騎之介(著), やすも(イラスト)

異世界のんびり農家 01

内藤騎之介(著), やすも(イラスト)