ガガガ文庫2019年4月刊行のラインナップをご紹介。『弱キャラ友崎くん Lv.7』『妹さえいればいい。12』など6冊

2019年4月18日に発売されるガガガ文庫4月刊行のラインナップ6冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。

弱キャラ友崎くん Lv.7

©屋久ユウキ/小学館 イラスト:フライ

そして、舞台の幕が上がる。

【あらすじ】

俺をとりまく環境の変化は劇的で。けれど、そんなことはお構いなしに時間は進んでいく。菊池さんとの脚本、みみみとの漫才、それぞれに取り組みながら、日南から課された課題にも挑んでいく。文化祭の準備もいよいよ佳境。演劇の練習が、ついに始まった。登場人物と演者のイメージを近づけるため、俺と菊池さんは「日南の過去」を取材することになるのだが……? 掛けられた言葉。誠実の意味。向き合った、彼女の気持ち。俺の、俺たちの――。一度きりの文化祭が、幕を開ける。

妹さえいればいい。12

©平坂読/小学館 イラスト:カントク

小説を、書け。

【あらすじ】

主人公になることを諦め、淡々と機械のように小説を書き続ける羽島伊月。一方、可児那由多は小説を書くことをやめ、部屋に引きこもってひたすらゲームに没頭するようになってしまう。そんな二人を、不破春斗や白川京はどうにか立ち直らせようとするのだが……。主人公達が立ち止まっている間にも、時間は容赦なく流れ、世界は絶えず動き続ける。大野アシュリーや木曽撫子、羽島家にも大きな出来事が訪れて――。大人気青春ラブコメ群像劇、待望の第12弾!!交錯する人間模様の行く先を、刮目して見届けよ!!

黒川さんに悪役(ヒール)は似合わない2

©ハマカズシ/小学館 イラスト:おっweee

えっ!? 今度は部室で立てこもり!?

【あらすじ】

屋上からの飛び降り狂言を経て、生徒会長を目指す黒川さんの支持率UPに貢献した俺こと倫太郎。だが、その悪夢はまだ終わっていなかった――。校庭に放置された部室棟。その取り壊しを巡り、同じく生徒会長候補の白鷺との対立が再勃発する。生徒の安全を謳い取り壊し派の黒川さん。生徒の思い出を盾にした保存派の白鷺。そして俺の役目とは……部室棟での立てこもり!? 確かに俺を説得したら黒川さんの支持率が上がるかもしれないけどさぁ。今のご時世学校でバリケード封鎖なんておかしいよ!! マッチポンプで綻び始める俺の高校生活第2弾!

これは学園ラブコメです。

©草野原々/小学館 イラスト:望月けい

これは学園ラブコメなんですか?

【あらすじ】

俺の人生、なんだかラブコメみたいだな。主人公である高城圭はそう思った――。そうだ! お前はラブコメの主人公であり、SFとかファンタジーとかそんなジャンルのキャラではない! だから大人しくラブコメらしい展開に従ってくれえええ! 嘆くその影は言及塔まどかこと、虚構を司る力が擬人化された存在。そう、これは、まどかと圭が七転八倒しながらラブコメの世界をSFやらファンタジーの浸食から守り抜く物語。SF界の超新星が描く、ハイテンション×メタフィクション学園ラブコメ開幕! って、俺の高校生活、一体どうなっちゃうの~~!?

編集長殺し5

©川岸殴魚/小学館 イラスト:クロ

編集長、まさかの……?

【あらすじ】

編集長の様子がおかしいです。浜山さんの連絡ミスで刊行延期になったのに、おとがめなし。これではただの幼女! ただごとではありません。私、川田をはじめとした編集部員の出した結論は――ラーメン屋さんへのジョブチェンジ。「池袋を激戦区と呼んでいた」「背表紙を背脂と言い間違えた」などの証言が飛びでます。編集長は、本当にギギギ文庫から去ってしまうのでしょうか……? ――ゴッドハンド役員の視察、荒れる新人賞選考、帰ってきたスーパーゴロ。かつてない衝撃が業界を襲う!? かもしれない編集部るぽラノベ第5弾!

路地裏に怪物はもういない

©今慈ムジナ/小学館 イラスト:やまかわ

平成最後の夏、最後の幻想がはじまる

【あらすじ】

誰もが簡単に未知を暴ける時代。路地裏の暗闇は駆逐され、幻想の余地はなくなり、怪異は姿を消して久しい。そんな現代社会で起きる不可思議な現象――乖異。己が空想こそが真の現実だと主張し、世界すら塗り換えようとする超常の力。乖異に導かれ集ったのは三人。絶えた怪異を殺す少女、空想を終わらせる男、そして世界に残された最後の怪異である少年。「死者のいない」猟奇事件に端を発した一連の流れに「真祖の吸血鬼」の存在を見いだした彼らは、それぞれの理由を胸に乖異と関わっていく。平成最後の夏、最後の幻想がはじまる。

弱キャラ友崎くん Lv.7 イラスト集付き特装版

©屋久ユウキ/小学館 イラスト:フライ

「友崎くん」初の公式イラスト集!

【あらすじ】

俺をとりまく環境の変化は劇的で。けれど、そんなことはお構いなしに時間は進んでいく。菊池さんとの脚本、みみみとの漫才、それぞれに取り組みながら、日南から課された課題にも挑んでいく。文化祭の準備もいよいよ佳境。演劇の練習が、ついに始まった。登場人物と演者のイメージを近づけるため、俺と菊池さんは「日南の過去」を取材することになるのだが……? ――「友崎くん」初の公式イラスト集が、満を持して登場! ファン垂涎の仕様でおくる、豪華イラスト集付き特装版!

紹介ラインナップは2019年4月18日発売です。

[関連サイト]

ガガガ文庫公式サイト