『魔導具師ダリヤはうつむかない』のコミカライズ連載がマグコミとコンプエース6月号より2本同時スタート

MFブックス刊『魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~』のコミカライズ連載が、「マグコミ」と2019年4月26日発売の「コンプエース6月号」より2本同時にスタートした。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、結婚相手から手酷く婚約破棄を言い渡された魔導具師が、何より大好きな「魔導具」を作りながら、自由気ままなものづくりで幸せを掴み取っていく物語を描く。原作小説最新2巻も4月25日に発売されたばかり。「マグコミ」版のタイトルは『魔導具師ダリヤはうつむかない ~Dahliya Wilts No More~』となり作画は住川惠氏が担当、「コンプエース」版の作画は釜田氏が担当している。うつむかないと決めた魔導具師のものづくりストーリーが、WEBコミックと雑誌の2誌でスタートした。

【原作小説あらすじ】

「もう、うつむくのはやめよう」 転生者である魔導具師のダリヤ・ロセッティは、決められた結婚相手からの手酷い婚約破棄をきっかけに、自分の好きなように生きていこうと決意する。行きたいところに行き、食べたいものを食べ、何より大好きな“魔導具”を作りたいように作っていたら、なぜだか周囲が楽しいことで満たされていく。「これも、君が作ったの!?」「この際だから商会、立ち上げない?」 ダリヤの作った便利な魔導具が異世界の人々を幸せにしていくにつれ、作れるものも作りたいものも、どんどん増えていって――。魔導具師ダリヤの、自由気ままなものづくりストーリーが今日ここからはじまる!

⇒ 『魔導具師ダリヤはうつむかない ~Dahliya Wilts No More~』はこちら

それぞれのコミカライズは物語の開始点も異なるため、双方どちらも読んでもらいたい。一挙2本のコミカライズ連載がスタートしたこの機会にぜひ原作小説も読んでみよう。『魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~』は、MFブックスより第2巻まで発売中。

©甘岸久弥/KADOKAWA  MFブックス刊 イラスト:景

[関連サイト]

MFブックス公式サイト

コンプエース 2019年6月号

コンプエース編集部(編)