第11回GA文庫大賞の総合結果が発表 『ダンまち』以来7年ぶりとなる「大賞」作品が選出へ

第11回GA文庫大賞の総合結果の発表が行われた。前期で593作品、後期で766作品、通期で1,359作品の応募の中から各期で7作品が「奨励賞」に選出。うち、「大賞」に1作品、「優秀賞」に1作品が選出される結果となった。本小説賞の「大賞」は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』以来、7年ぶりとなっている。

第10回GA文庫大賞「優秀賞」受賞作『最果ての魔法使い』

<大賞>

『処刑少女の生きる道(バージンロード)』/著:佐藤真登

<優秀賞>

『ひきこまり吸血姫の悶々』/著:小林湖底

<奨励賞>

『ロード・オブ・キャッスル』/著:阿樹 翔

『帝国の勇者』/著:有澤有

『雲蒸竜変 黙シテ語ラズ』/著:高町京

『竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から―』/著:筑紫一明

『【夕立朱人】 タナトスキッズ 【売名中】』/著:徳山銀次郎

⇒ 第11回GA文庫大賞総合結果はこちら

結果発表ページでは総評、「大賞」「優秀賞」をはじめとした各受賞作品のあらすじと選評が公開されているのであわせて確認してもらいたい。7年ぶりとなる「大賞」受賞作をはじめ、各作品の発売を楽しみに待ちたい。なお、現在は第12回GA文庫大賞(前期)の応募受付も行われているので、我こそはという方はぜひ応募を検討してみてほしい。

©岩柄イズカ/ SB Creative Corp. イラスト:咲良ゆき

[関連サイト]

GA文庫大賞ページ

GA文庫公式サイト

最果ての魔法使い2

岩柄イズカ(著), 咲良ゆき(イラスト)

bella peregrina. カワイイ天狼の育てかた。

山下泰昌(著), 6U☆(イラスト)