舞台『異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件』公演が本日よりスタート

TOブックス発の2.5次元舞台『異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件』の公演が本日、2019年5月8日(水)よりスタートした。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、異世界へと召喚されたものの特別なスキルが与えられることもなく、荒れ果てた孤児院の経営を命じられて始まる主人公の英雄伝を描く。舞台は5月8日(水)から5月12日(日)までの期間行われ、既に一部日程のチケットは完売となっている。ダンスあり、歌あり、殺陣ありの盛りだくさんのファンタジー世界を舞台で観覧してもらいたい。

【ストーリー】

クラス内のイジメられっ子、マサツグは、ある日、クラスメート全員と一緒に異世界に召喚された。クラスメートたちが強力なスキルを授かる中、マサツグが得たのは「初級の鑑定」と「守る」だけ。誰もが持っている、ありきたりなスキルだった。異世界でも冴えないままのマサツグは、国王から荒れ果てた孤児院の経営をするように命令される。しかし、マサツグの「守る」という能力は、実はチート級のスキルなのだった。孤児院の院長となるや、美少女たちが次々と入院し、マサツグを慕ってくる。親の愛情を知らずに育ったマサツグは、孤児の少女たちと心を通わせ、異世界で逞しく生きていく。

2.5次元舞台『異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件』

公演期間: 2019年5月8日(水)~5月12日(日)

会場: 池袋シアターグリーン BOXinBOX THEATER

チケット: 4,000円(前売券)、4,500円(当日券)

舞台では原作のハッチャケた世界観を再現し、ほぼ全役をWキャスト総勢36名の女優陣で演じきる。短期公演となっているので、原作小説や漫画版で本作に興味を持っている方はぜひ足を運んでみよう。『異世界で孤児院を開いたけど、なぜか誰一人巣立とうとしない件』は、TOブックスより第3巻まで発売中。

【キャスト】

◆マーキュリー(M): 松田シオン、野田怜奈、岬イル、安田千尋、宮本京果、水瀬元晴、秋子いをり、大和ほなみ、石井未来、加藤弘基、姫萠華、平畑栄樹、九羽紅緒、紫希茜音、武井美緒、金澤美里、野本梨加、林香奈、深澤桃子、大丸美鈴、万屋美樹

◆ヴィーナス(V): 伊藤セナ、山田夏帆、花瀬琴音、高野璃奈、陽向海真珠、中尾陽太、千歳あめ、佐々木璃生、鈴木沙霧、猪狩達也、尾添由、岡部朋美、矢吹瑠璃、久徳綾美、廣江望帆、大森佳澄、幸村郁、島田彩希、田中みさ、MARIO、KYOKO KITANO

◆両方: 長谷川利穂子、佐藤駿平、入川礁、奈良宙生、平野愛理

【スタッフ】

演出:小森章

脚本・プロデューサー:井川楊枝

照明:磯崎みずほ

音響:Sleepingowl

殺陣:奈良宙生

衣装・ヘアメク:瀬島千紘

ダンス振り付け:Takeshi/Airi

舞台監督:Akira

イラスト:パルプピロシ

[関連サイト]

舞台『異世界孤児院』公式Twitter

TOブックス公式サイト