『悪役令嬢? いいえ、極悪令嬢ですわ』のコミカライズ企画が進行中 乙女ゲームを知らない”無自覚”令嬢の物語

ビーンズ文庫刊『悪役令嬢? いいえ、極悪令嬢ですわ』のコミカライズ企画が進行している。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、陰で極悪令嬢と恐れられる主人公が、乙女ゲームの世界とは知らずに攻略対象を次々と籠絡して始まる最強悪役令嬢物語を描く。原作小説は2019年5月1日に第1巻が発売されたばかり。乙女ゲームを知らない無自覚悪役令嬢の物語が早くも漫画化に向けて動き出している。

【あらすじ】

陰で“極悪令嬢”と恐れられる侯爵令嬢・ローザリア。レスティリア学園に通う王弟・レンヴィルドと騎士カディオとの仲が深まると、私が「正ヒロイン」だと名乗る少女が現れて…実はこの世界は“乙女ゲーム”で彼らは転生者だった!? そんな設定つゆ知らずなローザリアは、攻略対象を次々と籠絡していき?「これだけの非道を、ただの役柄で演じられるとお思い? 正真正銘、極悪令嬢ですわ」WEB発・最強の悪役令嬢、爆誕!

コミカライズの作画担当者や連載媒体、連載時期などの詳細については今後の続報を待ちたい。コミカライズ企画が進行するこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『悪役令嬢? いいえ、極悪令嬢ですわ』は、ビーンズ文庫より第1巻が発売中。

©浅名ゆうな/KADOKAWA ビーンズ文庫刊 イラスト:花ヶ田

[関連サイト]

『悪役令嬢? いいえ、極悪令嬢ですわ』シリーズ紹介ページ

ビーンズ文庫公式サイト

悪役令嬢? いいえ、極悪令嬢ですわ

浅名ゆうな(著), 花ヶ田(イラスト)