『無双航路 転生して宇宙戦艦のAIになりました』のコミカライズ企画が進行中

レジェンドノベルス刊『無双航路 転生して宇宙戦艦のAIになりました』のコミカライズ企画が進行している。本作は普通の高校生が、異世界における宇宙戦艦の頭脳とも言えるAIとして目覚め、人間として、そしてAIとして数々のピンチを切り抜けていく宇宙航路譚を描く。原作小説最新3巻も2019年5月9日に発売されたばかり。レジェンドノベルスの創刊ラインナップとして刊行されたシリーズでもあり、AIとして、人間として生き残りをかける宇宙戦艦の物語が漫画化に向けて動き出している。

【第1巻あらすじ】

意識を取り戻した時、普通の高校生・阿佐ヶ谷真は、なぜか宇宙戦艦のAIになっていた。当の戦艦は敵に包囲され僚艦もわずかという絶体絶命の大ピンチ。しかも艦長は儀礼的に乗艦していた皇族でお飾りの少女。AIとなった真は「人間」でもある自分の特性を活かし、生き残るため斬新な戦術を駆使して撤退を試みる――。「小説家になろう」発の作家が描く「まだ誰も見たことのない最強の撤退戦」がここに始まる――!

コミカライズの作画担当者や連載媒体、連載時期などの詳細については今後の続報を待ちたい。コミカライズ企画が進行するこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『無双航路 転生して宇宙戦艦のAIになりました』は、レジェンドノベルスより第3巻まで発売中。

©松屋大好/講談社 イラスト:黒銀

[関連サイト]

レジェンドノベルス公式サイト