第13回小学館ライトノベル大賞受賞作応援キャンペーンがスタート ためし読みの感想をつぶやいてプレゼントをゲット

ガガガ文庫による新人賞「第13回小学館ライトノベル大賞」の受賞作応援キャンペーンがスタートした。本賞では「ガガガ賞+審査員特別賞」2作品、「優秀賞」3作品が選出。2019年5月17日より順次刊行が行われる。そしてこのたび受賞作の発売に先駆けて、「ためし読み」を読んで感想をつぶやくと抽選でプレゼントがもらえるキャンペーンもスタートした。「ためし読み」では受賞5作品それぞれの約3分の1を読むことができ、発売前に各作品の概要を知ることもできる。この機会にぜひ受賞作品に触れてみよう。

【キャンペーン期間】

2019年5月10日(金)~8月10日(土)まで

【刊行情報】

・5月17日発売

<ガガガ賞+審査員特別賞>

『クラスメイトが使い魔になりまして』/著:鶴城東 イラスト:なたーしゃ

・6月18日発売

<優秀賞>

『千歳くんはラムネ瓶のなか』/著:裕夢 イラスト:raemz

<優秀賞>

『リベンジャーズ・ハイ』/著:呂暇郁夫 イラスト:ろるあ

・7月18日発売

<ガガガ賞+審査員特別賞>

『夏へのトンネル、さよならの出口』/著:八目迷 イラスト:くっか

<優秀賞>

『史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり』/著:月夜涙 イラスト:みわべさくら

なお、作品ごとに応援メッセージにつけるハッシュタグは異なっているので注意してもらいたい。受賞作からの刊行第1弾となる『クラスメイトが使い魔になりまして』は、ガガガ文庫より2019年5月17日発売。

©鶴城東/小学館 イラスト:なたーしゃ

[関連サイト]

第13回小学館ライトノベル大賞受賞作応援キャンペーン特設サイト

ガガガ文庫公式サイト