『レイロアの司祭さま ~はぐれ司祭のコツコツ冒険譚~』のコミカライズが決定 はぐれ司祭と愉快な仲間の冒険活劇

ガガガブックス刊『レイロアの司祭さま ~はぐれ司祭のコツコツ冒険譚~』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、ひょんなことから上級職の司祭になってしまい、あまりにも成長速度が遅くまともにパーティーを組めないながらもコツコツと冒険を続けるはぐれ司祭の冒険活劇を描く。原作小説は現在第3巻まで発売されている。コミカライズの作画はshimazaki氏が担当することも決定しており、連載は「マンガワン」にて行われる。

【第1巻あらすじ】

冒険者が集う、冒険者のための街・『迷宮都市レイロア』。ひょんなことから上級職の司祭になってしまったノエルは、あまりにも遅い成長速度のせいで固定パーティを組めず、便利屋稼業を続けていた。たとえ一度きりの参加となるパーティでさえも、ノエルにとってはかけがえのないつながりで、その縁がまた別の縁を結んでいく。そして、コツコツと冒険を続ける彼のまわりには、徐々に個性豊かな面々が集まり始める。はぐれ司祭と愉快な仲間達が繰り広げる、せちがらくもどこか楽しい異世界冒険活劇、はじまり はじまり!

コミカライズの連載は2019年8月より開始となることが決定しているほか、各電子書籍ストアでは第1話が6月19日より先行販売されるという。コミカライズの連載を控えるこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『レイロアの司祭さま ~はぐれ司祭のコツコツ冒険譚~』は、ガガガブックスより第3巻まで発売中。

©朧丸/小学館 イラスト:野崎つばた

[関連サイト]

ガガガブックス公式サイト