『異世界国家アルキマイラ ~最弱の王と無双の軍勢~』のコミカライズ企画が進行中

GAノベル刊『異世界国家アルキマイラ ~最弱の王と無双の軍勢~』のコミカライズ企画が進行している。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、国家運営系VRゲームで頂点を極めた王・ヘリアンが自国ごと異世界に転移して始まる壮大なファンタジー戦記を描く。原作小説第1巻は2019年5月15日に発売されたばかりで、特設サイトやPVも公開されている注目のシリーズでもある。一騎当千の軍団長と、旗下十万の魔軍を束ねる王の進撃が早くも漫画化に向けて動き出している。

【あらすじ】

国家運営系VRゲーム『タクティクス・クロニクル』で頂点を極めた王・ヘリアンは、ゲーム内の自国ごと異世界へ転移してしまう。そこで出会ったのは、自我を持って行動する魔物の大軍団。そして、元NPCである一騎当千の軍団長たちであった。身分を隠し、臣下と共に探索に出たヘリアンが直面するは、尊厳を踏みにじられながらも巨大なる悪意に抗う無辜のエルフたち。罪なき人々の涙が胸を打つとき、彼は王としての自覚に目覚め、怒りと共に決意する。旗下十万の魔軍で総力をもって非道に鉄槌を下さんと!『いざ立て――誇り高き我が民よ! 今こそ咆吼をもって応えとせよ!』「「「「「オオォォオォオオオオオォォ――ッッ!!!」」」」」 万雷の雄叫びが世界を揺らす時――無双の融合魔獣が一斉に進撃する!! 熱狂を巻き起こすWeb小説、大幅加筆修正にて待望の書籍化。

コミカライズの作画担当者や連載媒体、連載時期などの詳細については今後の続報を待ちたい。発売と同時にコミカライズ企画が進行するこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『異世界国家アルキマイラ ~最弱の王と無双の軍勢~』は、GAノベルより第1巻が発売中。

©蒼乃暁/ SB Creative Corp. イラスト:bob

[関連サイト]

『異世界国家アルキマイラ ~最弱の王と無双の軍勢~』特設サイト

GAノベル公式サイト